Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

顧客情報など約2.6万件を従業員が持ち出し、ネット上に保存 - 千葉県の不動産会社

千葉県内で不動産事業を展開するレオガーデンは、顧客情報や業務情報などのデータを同社従業員が外部のオンラインストレージへ不正に保管していたことを明らかにした。

同社によれば、2月9日に定期点検を実施したところ、営業を担当する同社従業員が、同社端末から外部のオンラインストレージ上に顧客情報や業務書類など約2万6000件を2月4日にアップロードしていたことが判明したという。

ストレージ上に保存されていたのは、顧客の資金計画書や見積書、建築図面、土地売買契約書、重要事項説明書、メールのやり取りなど業務書類のほか、事業計画書、同社保有の物件データ、住宅地図、分譲物件の広告やパンフレットなども含まれる。

同社はこれらデータを第三者が入手していたかについては、警察の捜査上支障があるとして明らかにしていない。二次被害は確認されていないという。

データを第三者に提供する目的で不正にアップロードし、持ち出そうとしていたとして、同社では2月19日付けで同従業員を懲戒解雇。警察に相談しており、今後は不正競争防止法違反により刑事告訴など措置を講じるとしている。

また今回の問題にあたり、記者会見前日となる2月19日に同社役員2名が飲食店で飲酒していたほか、会見翌日の21日にゴルフを行っていたことが調査により判明。両取締役から辞任の申し出があり、了承したという。

同社では率先して対応すべき役員に不適切な行動があったとして改めて謝罪。全社一丸となって再発防止に取り組みたいとコメントしている。

(Security NEXT - 2018/02/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

国立病院機構、職員が患者情報約14万件含むPCを持ち出し - オークション落札者の連絡で判明
約10年前の紛失個人情報、11回にわたり匿名で届く - 北海道
愛知県、コロナ患者情報誤公開で懲戒処分 - 作成から公開まで1人で担当
松井証券で顧客資産約2億円が不正引出 - 長年業務に携わる委託先SEが権限悪用
新型コロナ関連の情報流出で職員処分、経緯は明らかにせず - 新宮市
従業員が顧客情報を悪用、カードローンに申込 - DeNA
児童提出物を不適切に廃棄した小学校教諭など処分 - 新潟県
保護者の個人情報を私的利用、教員を懲戒処分 - 宮城県
生徒の個人情報紛失で教諭を戒告処分 - 福岡市
在宅業務のためUSBメモリを持ち出し紛失 - 岡山の小学校