Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ブラウザ「Edge」に未修正の脆弱性 - 報告から90日経過、Googleが公表

Google Project Zeroは、2017年11月に報告した「Microsoft Edge」に関する脆弱性が報告より一定期間を経過したとして公開した。

悪意あるコードの読み込みを防止するセキュリティ機能「ACG(Arbitrary Code Guard)」をバイパスできる脆弱性を、11月17日に報告していたが、90日を経過したとして公表したもの。同プロジェクトでは、脆弱性の重要度を「中(Medium)」とレーティングしている。

「ACG」は署名されたコードページが改変されておらず、あたらしい符号なしコードページを作成できないことを保証する機能。

コードを動的に生成したり、変更することを防ぐことが可能となるが、今回の脆弱性を利用することで回避が可能になるという。

Google Project Zeroによれば、Microsoftは、各社が定例のセキュリティアップデートを公開する米時間第2火曜日の3月13日に向けて準備を進めているが、修正内容が複雑であり、修正の予定日などは決まっていないと通知してきたという。

(Security NEXT - 2018/02/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「ServerProtect for Linux」に「OSコマンドインジェクション」の脆弱性
脆弱性「Zerologon」の悪用確認 - 侵害封じ込めが困難に、影響多大のため早急に対策を
Windows向けの旧版「ウイルスバスタークラウド」に複数脆弱性
深刻な脆弱性「Zerologon」、「Samba」にも影響 - 設定確認を
セキュリティ修正10件含む「Chrome 85.0.4183.121」がリリース
8月修正「Windows Server」の脆弱性狙う悪用コードが公開 - 米政府警告
「Firefox 81」が公開、複数脆弱性を修正 - 延長サポート版も更新
CMSの「Drupal」に複数の脆弱性 - アップデートがリリース
WP向けプラグイン「File Manager」脆弱性、国内でも悪用被害
MS、「Office for Mac」向けに定例外アップデート