Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ブラウザ「Edge」に未修正の脆弱性 - 報告から90日経過、Googleが公表

Google Project Zeroは、2017年11月に報告した「Microsoft Edge」に関する脆弱性が報告より一定期間を経過したとして公開した。

悪意あるコードの読み込みを防止するセキュリティ機能「ACG(Arbitrary Code Guard)」をバイパスできる脆弱性を、11月17日に報告していたが、90日を経過したとして公表したもの。同プロジェクトでは、脆弱性の重要度を「中(Medium)」とレーティングしている。

「ACG」は署名されたコードページが改変されておらず、あたらしい符号なしコードページを作成できないことを保証する機能。

コードを動的に生成したり、変更することを防ぐことが可能となるが、今回の脆弱性を利用することで回避が可能になるという。

Google Project Zeroによれば、Microsoftは、各社が定例のセキュリティアップデートを公開する米時間第2火曜日の3月13日に向けて準備を進めているが、修正内容が複雑であり、修正の予定日などは決まっていないと通知してきたという。

(Security NEXT - 2018/02/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Adobe Acrobat/Reader」のアップデートが公開 - 26件の脆弱性を解消
「Samba」に脆弱性、アップデートがリリース
「Firefox 96」がリリース、脆弱性18件を修正 - CSRF対策も
MS、2022年最初の月例セキュリティ更新をリリース - 97件に対応
「WordPress」にセキュリティアップデート - 4件の脆弱性を解消
「H2DB」にRCE脆弱性 - 「Log4Shell」と同じく「JNDI」に起因
MS、独自修正5件含む「Microsoft Edge 97.0.1072.55」をリリース
米FTC、「Log4j」問題で企業に警告 - 放置による事故は責任を追求
「VMware ESXi」などのCD-ROMエミュレーション機能に脆弱性
Google、「Chrome 97」をリリース - 37件のセキュリティ修正