Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本CISO協会、新代表理事にぴあCISOの上村達也氏

日本CISO協会は、同協会代表理事にぴあの取締役CISOである上村達也氏が、2月付けで就任したと発表した。

同協会は、企業の情報セキュリティ責任者の交流や情報交換の場を設けることを目的に、2010年に設立。CISO人材の育成や情報セキュリティ、コンプライアンスに関する政策提言や調査、研究などを行っている。

今回、同協会の代表理事として、ぴあの取締役CISO上村達也氏が就任した。同氏は就任にあたり、「日本におけるCISO人材の発掘、育成、底上げを行い、単なる情報セキュリティ対策にとどまらない企業の経営レベル向上に貢献していく」とコメントしている。

(Security NEXT - 2018/02/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

CISO設置組織も半数超はセキュリティの事業リスクを未評価
金融機関の4割、攻撃を経験 - 1割で業務などに影響
中小企業のCISOやセキュリティ担当者を支援する資料 - JNSA
セキュリティ産業を創出する人材の育成を目指した「SecHack365」 - 個性を伸ばす「しくみ」
「サイバーセキュリティ経営ガイドライン」実践に向けたプラクティス集を公開
情報セキュリティ文化賞の受賞者5名を発表 - 情セ大
JSSECら、3月にIoTセキュリティテーマのフォーラムを開催
「JNSA賞」が決定 - ISOG-JやCISO支援WGなど受賞
16.5%の企業がCSIRT設置 - 1001名以上では4割
企業の8割、GDPR契機に保有個人情報を削減 - 信頼強化の機会との声も