Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日立と慶大、「分散型セキュリティオペレーション」構想を提唱 - インシデント対応を迅速化

慶応義塾大学と日立製作所は、複数のセキュリティ対応チームが連携し、迅速なインシデントレスポンスを実現する「分散型セキュリティオペレーション」構想を策定し、その中核技術となる「動的認証認可技術」を開発した。

同構想は、特定のセキュリティ対応チームがすべてのインシデントレスポンスに関与する従来の対処法ととは異なり、SOCやCSIRTなど複数のセキュリティ対応チームが自律的に対処し、必要に応じて連携することを目指したもの。

今回、同構想において、中核技術のひとつとなる「動的認証認可技術」を開発。情報収集や分析などインシデントレスポンスに求められる機能を標準化し、それぞれのセキュリティ対応チームが持つ機能を互いにリアルタイムで確認できる。

また分析の依頼や分析データの共有など、どのチームに処理を委託するか機械的に振り分けることが可能。

同技術の効果を検証するため、両者は実証環境を構築して2017年11月より評価を開始。

インシデントの検知から専門チームに対する分析の依頼、分析データを共有するまでの一連の処理について、通常は数分から数時間かかるところを1秒以内で完了できることを実証したという。

今後は実用化に向けた研究を推進するとともに、同技術を日本CSIRT協議会へ提案するなど、セキュリティオペレーションの効率化実現に貢献していきたいとしている。

20180206_hi_001.jpg
従来のオペレーションと分散型オペレーションとの比較(図:日立)

(Security NEXT - 2018/02/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

インシデント件数、前四半期から1割増 - 「マルウェアサイト」は3.4倍に
ランサム攻撃を受けたらどうする? JPCERT/CCが初動対応FAQを公開
年末年始の長期休暇に向けた準備を - 脆弱性やパッチ公開に注意を
DX担当者の3割が過去にインシデントを経験 - トレンド調査
政府、アクセス制御技術の研究開発情報を募集
初期侵入「総当たり攻撃」と「脆弱性攻撃」で6割超 - カスペ調査
大手でCEO直属のCISOが増加 - 米国では4割超に
JPCERT/CC、インシデントや脆弱性の報告者を表彰 - CDIの笹田修平氏らを選出
CSIRT関係者がオンラインで集結、「NCA Annual Conference 2021」が12月に開催
約4分の3がランサムウェア身代金に応じる意向 - フォーティ調査