Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

顧客や従業員の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 阪急阪神HD子会社

あしすと阪急阪神は、個人情報含む業務データを保存したUSBメモリを、従業員が紛失したことを明らかにした。

同社によれば、従業員が自宅で作業するために業務用パソコンから業務データを無断で私物のUSBメモリにコピーし、その後紛失していたことが判明したもの。従業員が2月2日に外出先から戻った際、スボンのポケットに入れたはずのUSBメモリがなくなっていることに気付いたという。

所在がわからくなっているUSBメモリには、氏名や住所、電話番号など含むプレゼントの当選者リストや、氏名や住所、電話番号のほか学校名や年齢、メールアドレスなど含むコンテスト応募者のリストなど、822件の顧客情報が保存されていた。

そのほか、グループ会社や団体の従業員の氏名、住所、電話番号など7128件を含めると、あわせて9184件の個人情報が保存されていた。

同社では、対象者への報告と謝罪を進めている。また警察へ紛失を届けるととおに、個人情報保護委員会へ報告書を提出した。

(Security NEXT - 2018/02/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

主任計量者の試験問題や個人情報含むUSBメモリを紛失 - 三重県
患者情報含む私物USBメモリが医局で所在不明に - 鹿児島大学病院
児童情報含む私物のUSBメモリを紛失 - 広島大付属小
小学校教諭が児童の個人情報含む私物USBメモリを紛失 - 鳥栖市
児童クラブ職員が個人情報含むUSBメモリを紛失 - 草加市
職員が患者情報含む私物USBメモリを一時紛失 - 徳島市民病院
健診データ送付時に他事業所データを混入 - 報道健保
記者がUSBメモリ紛失、約10カ月後に発見され発覚 - 時事通信社
11年前の紛失個人情報、道などへ繰り返し匿名送付 - 5月にも3回
患者情報含むUSBメモリがスタッフルームで所在不明に - 福大筑紫病院