Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

JPドメインの登録数が150万件を突破

日本レジストリサービス(JPRS)は、同社が登録管理を行う「JPドメイン」の累計登録数が150万件を超えたことを明らかにした。「汎用JPドメイン名」が全体の67.6%を占めている。

同社によれば、JPドメインの累計登録件数が2月1日時点で150万件を突破した。1年間で4万1976件、2.9%の増加だという。

内訳を見ると、「.JP」の「汎用JPドメイン名」が101万4301件でもっとも多く、全体の67.6%を占める。次いで多かったのが「co.jp」「ne.jp」など組織の種別ごとに区別された「属性型、地域型JPドメイン名」で、47万3903件(31.6%)だった。

一方、セカンドレベルドメイン部分に都道府県の名称を含む「都道府県型JPドメイン名」は1万1932件(0.8%)だった。

(Security NEXT - 2018/02/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

主要上場企業のDMARC導入が加速 - 本格運用はドメイン全体の5%未満
1月のフィッシング、独自ドメイン使用する送信元メアドが増加
日本のDMARC導入率13%、米豪と大きな差 - NRIセキュア調査
フィッシングURLが急増 - 4割近くが「Cloudflare Workers」のドメイン
フィッシング報告が大幅減 - 攻撃者も「DMARC」を意識
J-CSIP、24件の脅威情報を共有 - 標的型攻撃は5件
フィッシング報告が3割増 - 15万件超えで過去最高に
7割弱の主要上場企業がDMARC導入 - ドメインベースでは26%
フィッシングの報告が増加、悪用されたURLは大幅減
フィッシング報告、前月比約15%減 - 4カ月ぶりに10万件下回る