Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

TCP 52869番ポートへのパケット - 「Mirai」亜種による感染活動の可能性

2017年第4四半期は、脆弱性の探索が目的と見られる「TCP 52869番ポート」へのアクセスが観測された。脆弱性が悪用され、「Mirai」の亜種に感染したものと見られる動きも報告されている。

20180129_jp_001.jpg
アクセスが多い上位5ポート(表:JPCERT/CC)

同四半期にJPCERTコーディネーションセンターが設置するセンサーにより観測したパケットの状況を取りまとめたもの。

同センターによれば、2017年第4四半期は前四半期と変わらず、「telnet」で利用する「TCP 23番ポート」に対するパケットが最多だった。SSHで使用する「TCP 22番ポート」に対するパケットが次に多い。

さらに「Windows」のファイル共有プロトコル「SMB」で使われる「TCP 445番ポート」、「Windows SQLServer」で使われる「TCP 1433番ポート」と続く。前四半期から、順位の大きな変動は見られなかった。

(Security NEXT - 2018/01/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2021年1Qの「JVN iPedia」登録は1701件 - 「XSS」が170件で最多
都内中小企業のセキュリティ対策支援事業を実施 - 東京都
国内設置ルータを踏み台とした攻撃パケットの増加を観測 - JPCERT/CC
巧妙化するランサム攻撃、被害の多くが「VPN機器」脆弱性に起因
DDoS攻撃の踏み台となる「NTPサーバ」の探索行為が増加
国内ではブラウザ上でのマルウェア検知が7割超 - ESET
顧客情報流出でサクソバンク証券をけん責処分 - 日証協
政府、ISP経由で国内Emotet感染者に注意喚起
2020年の攻撃通信パケット、前年比1.5倍 - NICTまとめ
2020年4Qの脆弱性登録は1423件 - 前年同期の3分の1