Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「標的型攻撃メール」が大幅増、プラント関連事業者が標的 - 実在の開発プロジェクトなど詐称

プラント関連事業者を執拗に狙う「標的型攻撃メール」が確認された。実在する組織や開発プロジェクトなどを詐称し、巧妙な文面でマルウェアを送りつけているという。現在も攻撃は継続しており、注意が必要だ。

2017年第4四半期におけるJ-CSIPの運用状況を情報処理推進機構(IPA)が取りまとめたもの。J-CSIPは、サイバー攻撃の被害拡大防止を目的に2011年10月に発足。参加組織により情報を共有している。参加組織は、前四半期の11業界190組織から増加し、11業界227組織となった。

同四半期に参加組織から寄せられた不審メールに関する情報提供は1930件。前四半期の57件から34倍に急増した。IPAが独自に入手した14件を含む123件の情報について、参加組織で共有されている。

J-CSIPが情報提供を受けた1930件のうち、「標的型攻撃メール」と判断したものは164件。前四半期の3件から大幅に増加した。164件のうち、156件がプラント関連事業者を狙う攻撃メールだったという。

20180126_ip_003.jpg
標的型メールの1例(画像:IPA)

(Security NEXT - 2018/01/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

情報セキュ監査人が選定した2021年のセキュリティトレンド
コロナ禍ではじめて迎える冬期長期休暇 - あらためてセキュ対策の確認を
サイバー攻撃の被害額、8割超が100万円未満 - 日本損保協会調査
標的型攻撃のレスキュー支援、2020年上半期は45件
都が中小企業セキュ対策であらたな支援事業 - 試験的に機器設置、インシデント対応もサポート
2020年3Qの標的型攻撃メールは9件 - 不審メールの情報提供は15倍、大半「Emotet」
2020年3Qのインシデント、前四半期比約1.2倍に - 探索行為やサイト改ざんが増加
2020年上半期の標的型攻撃は3978件、前年同期の約1.5倍に - 警察庁まとめ
約4割でインシデント被害、対応費用は約1.5億円 - 4.4%が「Emotet」経験
2019年の標的型攻撃対策製品市場は約460億円 - 5年後には1.5倍に