Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

12月下旬より「Oracle WebLogic Server」狙う攻撃が発生 - 仮想通貨採掘に悪用されたケースも

ウェブアプリケーションサーバ「Oracle WebLogic Server」における既知の脆弱性を悪用する攻撃が、2017年12月下旬より報告されているとしてセキュリティ関係機関が注意を呼びかけている。

悪用が確認されているのは、ウェブサイトや企業アプリケーションで利用されている「Oracle WebLogic Server」の「WLS Security」に起因する脆弱性「CVE-2017-10271」。

Oracleでは、10月に公開した定例アップデート「クリティカルパッチアップデート(CPU)」にて、同脆弱性をすでに修正済み。リモートより認証なしに攻撃が可能であり、共通脆弱性評価システム「CVSS v3」においてスコアは9.8と高く、容易に悪用が可能だとされている。

攻撃を観測したSANSのセキュリティ研究者によれば、攻撃コードは、少なくとも2017年12月下旬より公開されており、攻撃者がソフトウェアをインストールするために利用されていたという。

(Security NEXT - 2018/01/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

NECの複数ルータ製品に脆弱性 - アップデートがリリース
Pepperl+FuchsやComtrolの制御機器に脆弱性 - ファームウェアの更新を
ルータなどで広く利用されるDNSに脆弱性「DNSpooq」が判明
「Chrome 88.0.4324.96」で36件のセキュ修正 - 深刻な脆弱性も
Oracle、「Java SE」の脆弱性1件を修正
「Java SE」のアップデートが公開、脆弱性8件を解消
Oracle、四半期ごと定例アップデートを公開 - 脆弱性202件に対応
小規模向けの一部Cisco製ルータに深刻な脆弱性 - 更新予定なく利用中止を
医療機関向けデータ管理システムの旧版に深刻な脆弱性
SonicWall製セキュリティアプライアンスに脆弱性