Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

12月下旬より「Oracle WebLogic Server」狙う攻撃が発生 - 仮想通貨採掘に悪用されたケースも

現状確認されている事例では、仮想通貨「Monero」や「AEON」をマイニングするためのソフトウェアをインストールするために利用。不特定多数を対象に攻撃が展開されており、被害者は世界各国に存在していた。またクラウドプロバイダーのIPが多く含まれていたという。

今回の問題を受けて情報処理推進機構(IPA)では、同脆弱性がソフトウェアを不正にインストールすることだけでなく、データの窃取や改ざん、DoS攻撃などに悪用されるおそれもあると指摘。

アップデートを実施し、脆弱性を修正するよう注意を喚起するとともにすでに攻撃を受けて、システムを侵害されていないか、確認するよう管理者へ呼びかけている。

(Security NEXT - 2018/01/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「OpenSSH」の脆弱性「regreSSHion」、40以上のCisco製品に影響
中間者攻撃で認証応答を偽造できる脆弱性「Blast-RADIUS」
ServiceNowの「Now Platform」に深刻な脆弱性 - アップデートの実施を
「OpenStack」のモジュールに脆弱性 - 修正パッチが公開
「Apache CloudStack」に複数脆弱性 - アップデートや回避策の実施を
「Joomla」にセキュリティアップデート - XSS脆弱性を修正
Fortinet、アドバイザリ13件を公開 - 「regreSSHion」の影響も説明
Palo Alto製品に脆弱性 - 重要度「クリティカル」も
複数のCitrix製品に「クリティカル」とされる脆弱性 - 「regreSSHion」も影響
「Cisco IOS XR」に脆弱性、「Blast-RADIUS」の影響は調査中