Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

東京海上日動子会社の代理店に不正アクセス - メールボックス内の個人情報などが流出

顧客ごとにやりとりしていた情報はことなるが、氏名や法人名、住所、電話番号、メールアドレス、生年月日、性別、証券番号、車台番号、銀行口座情報、健康状態などの情報をやりとりしていた。銀行の口座情報は約310件、健康状態に関する情報は約80件が含まれる。

三次支社のアカウント1件が海外からログインされていたことが12月12日に判明。他支社の状況について調べたところ、下関支社においても、アカウント1件が海外から不正アクセスを受けていたことが判明した。

現時点で顧客情報が悪用されたとの報告は受けていないという。同社では顧客に対し、順次事情の説明と謝罪を行う。また被害が遭ったアカウントについては、強度があるパスワードへ変更。メール内に情報が残らないよう対策を講じた。

(Security NEXT - 2017/12/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

不正アクセスでクレカ情報流出の可能性 - 木工用工具通販サイト
クレカ情報流出、不正利用の可能性 - 健康食品通販サイト
ECサイトに不正アクセス、クレカ情報流出 - キャンディル子会社
メンズ衣料通販2サイトに不正アクセス - 618人で不正利用
顧客アカウント情報が外部流出、SQLi攻撃で - 日本ケミカルデータベース
読売関連会社のネットショップに不正アクセス - クレカ情報が被害
革製品通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
通販サイトでクレカ情報流出、システム刷新後に被害判明 - コスモス薬品
スマホアプリのウェブサーバがサイバー攻撃被害 - フォレスト出版
スピリチュアルグッズ通販サイトでクレカ情報流出の可能性