Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

東京海上日動子会社の代理店に不正アクセス - メールボックス内の個人情報などが流出

東海日動パートナーズ中国四国において、複数のメールアカウントが不正アクセスを受け、メールで送受信した内容が外部へ流出していることがわかった。

20171221_tk_001.jpg
東海日動パートナーズ中国四国のウェブサイト

同社は、東京海上日動保険の完全子会社で、東京海上日動火災保険や東京海上日動あんしん生命保険を取り扱う保険代理店。

中国四国地域において15支社を展開しているが、そのうち2支社において利用する一部メールアカウントが不正アクセスを受けたという。

不正アクセスを受けたメールボックスには、現在判明しているだけで、法人顧客も含む約5400人分の個人情報が保存されていた。同社では影響について詳細を調べているが、さらに影響の範囲が拡大するおそれもある。

(Security NEXT - 2017/12/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

糖質制限食の通販サイトに不正アクセス - クレカ情報が流出
総務省のシステム情報が富士通から流出 - 過去ログ調査で判明
2017年に不正アクセス、日本語脅迫メール届き情報流出が発覚 - ユピテル
ASPに対する不正アクセスの調査結果を公表 - トレードワークス
日之出出版の通販サイト2サイトが不正アクセス被害 - 指摘は約1年前
JA高崎ハムの通信販売サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
電子たばこ通販サイトに不正アクセス - 偽決済フォーム設置される
KADOKAWAの海外子会社に不正アクセス - ランサムウェアか
職員アカウントが海外より不正アクセス、スパムの踏み台に - 尚絅学院大
「サンリオピューロランド」の運営会社サイトに不正アクセス