Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

脆弱性2件を修正した「OpenSSL 1.0.2n」がリリース

OpenSSLの開発チームは、2件の脆弱性を解消したアップデート「OpenSSL 1.0.2n」をリリースした。

今回のアップデートでは、特定条件下でエラーステートが正しく動作しない重要度「中(Moderate)」の脆弱性「CVE-2017-3737」を修正。

またオーバーフローが生じる脆弱性「CVE-2017-3738」についてもあわせて対処した。過去に対応した「CVE-2017-3736」「CVE-2017-3732」「CVE-2015-3193」と類似するが異なる脆弱性だという。重要度は「低(Low)」にレーティングされている。

「同1.1.0系」に関して、今回明らかになった「CVE-2017-3737」は影響ないとしている。一方「CVE-2017-3738」は影響を受けるが、影響が小さいことから今回はアップデートを提供しておらず、次期バージョンとなる「OpenSSL 1.1.0h」で修正する予定。またOpenSSLのgitリポジトリでは修正を提供している。

(Security NEXT - 2017/12/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ADパスワード管理ツールの脆弱性、APT攻撃で悪用 - 米当局が注意喚起
Apple、「iOS 15」「iPadOS 15」をリリース - 脆弱性22件を修正
Windowsのゼロデイ脆弱性、開発会社狙う攻撃で発見 - 検体公開後は試行増加
EC-CUBE用プラグイン「注文ステータス一括変更プラグイン」に脆弱性 - 利用中止を
CMSの「Drupal」に5件の脆弱性 - アップデートがリリース
「Apache Tomcat」にDoS攻撃受けるおそれ - 3月の更新で修正済み
SAP、複数の深刻な脆弱性を修正するアップデート - CVSS値が最高値の脆弱性も
「Citrix ShareFile」にアクセス制御不備の脆弱性 - 早急に更新を
Adobe、「ColdFusion」「AEM」など16製品にセキュリティ更新
Google、「Chrome 93.0.4577.82」を公開 - ゼロデイ脆弱性2件などを解消