Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

脆弱性2件を修正した「OpenSSL 1.0.2n」がリリース

OpenSSLの開発チームは、2件の脆弱性を解消したアップデート「OpenSSL 1.0.2n」をリリースした。

今回のアップデートでは、特定条件下でエラーステートが正しく動作しない重要度「中(Moderate)」の脆弱性「CVE-2017-3737」を修正。

またオーバーフローが生じる脆弱性「CVE-2017-3738」についてもあわせて対処した。過去に対応した「CVE-2017-3736」「CVE-2017-3732」「CVE-2015-3193」と類似するが異なる脆弱性だという。重要度は「低(Low)」にレーティングされている。

「同1.1.0系」に関して、今回明らかになった「CVE-2017-3737」は影響ないとしている。一方「CVE-2017-3738」は影響を受けるが、影響が小さいことから今回はアップデートを提供しておらず、次期バージョンとなる「OpenSSL 1.1.0h」で修正する予定。またOpenSSLのgitリポジトリでは修正を提供している。

(Security NEXT - 2017/12/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Windows向け「Zscaler Client Connector」に権限昇格の脆弱性
「Firefox 86」が公開、Cookie対策強化 - 脆弱性12件を修正
SonicWall、VPN製品向けに追加アップデート - すぐに更新を
CiscoのWindows向けVPNクライアントに脆弱性 - 更新を
「Office for Mac」向けにセキュリティ更新 - 脆弱性2件を修正
「BIND 9」にリモートより悪用可能な脆弱性 - アップデートが公開
複数脆弱性を修正した「OpenSSL 1.1.1j」が公開
「OpenSSL」にサービス拒否の脆弱性 - アップデートが公開
「Aruba ClearPass Policy Manager」に複数の脆弱性
複数脆弱性を修正、「Chrome 88.0.4324.182」が公開