Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「クラウドコンピューティングのためのセキュリティガイダンス 第4版」が公開中

日本クラウドセキュリティアライアンス(CSAジャパン)は、「クラウドコンピューティングのためのセキュリティガイダンス 第4版」を公開している。

同ガイダンスは、Cloud Security Allianceが公開した「Security Guidance for Critical Areas of Focus on Cloud Computing v4.0」を日本語へ翻訳したもの。

クラウドのビジネス利用におけるガイダンスとなっており、アーキテクチャの解説からデータやアプリケーションなどのセキュリティ、ガバナンス、監査、インシデントレスポンスなど広く解説している。

同版についてCSAは、2011年以来、はじめてのメジャーアップデートと位置付けており、あらたに「DevOps」や「セキュアなソフトウェア開発」「SDN」「マイクロサービス」「コンテナ」などあらたなトピックを取り上げた。

英語版は7月下旬より公開されていたが、CSAジャパンが有志により日本語版を用意。同団体のウェブサイトよりダウンロードすることができる。

(Security NEXT - 2017/12/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2025年のセキュリティサービス市場は1兆円超に - IDC予測
CSCとグローム、医療業界向けセキュリティサービスで提携
政府、約8年ぶりにIT-BCPガイドラインを改訂 - 新型コロナ踏まえた内容も
政府、行政機関のLINE利用でガイドライン
都、都内中小企業のセキュ対策経費に助成金 - VPNも対象
国内組織の6割が「SASE」導入に着手 - 「VPN」が46%で最多
「Interop Tokyo」の「ShowNet」解説イベント、4月22日にオンライン開催
機器出荷前のセキュ検証を効果的に行うための手引き - 経産省
セキュ担当者の6割強が「ゼロトラスト」を理解していると回答
凸版印刷とNICT、「耐量子 - 公開鍵暗号」の技術確立で共同研究