Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「情報セキュリティ文化賞」の候補者を公募 - 情セ大

情報セキュリティ大学院大学は、国内において情報セキュリティ分野に貢献した人物を表彰する「情報セキュリティ文化賞」の候補者募集を開始した。応募締切は12月26日。

同賞は、同大の開学時に制定されたもので、今回で14回目。候補者は、自治体や企業などで情報セキュリティに関し、経営的な視点から先導的な役割を果たした個人、または同分野で学術や法制度の研究、啓発、人材育成などに貢献した有識者などで、自薦、他薦を問わず受け付ける。

これまで71人が受賞しており、今回は5人を選出する予定。同賞の詳細については同大のウェブサイトから。

(Security NEXT - 2017/12/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

セキュキャン修了生の発表イベント - オンラインで開催
「JNSA賞」が発表、フィッシングハンターのKesagataMe氏ら受賞
NRIセキュア、CTFイベント「NetWars」を2月に開催 - 社会人も参加可
若年層セキュコンクールの受賞候補を公開 - 意見を募集
セキュ分野功績者を表彰する「総務大臣奨励賞」が募集開始
「サイバーセキュリティに関する総務大臣奨励賞」が決定 - 2名1団体が受賞
セキュリティ分野の「総務大臣奨励賞」が決定
若手対象「辻井重男セキュリティ論文賞」募集開始 - JSSM
中国で脆弱性を発見する国際コンテスト - 11製品で脆弱性が明らかに
2020年3Qの標的型攻撃メールは9件 - 不審メールの情報提供は15倍、大半「Emotet」