Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Windows 8」以降で本来の脆弱性保護が発揮できないケースが判明 - 「EMET」などが裏目に

その一方で実装変更後、「ASLR」のランダム化によって十分な保護を行うためには、システム全体に対してボトムアップ型のランダム化を行うオプション「system-wide bottom-up ASLR」を有効化し、エントロピーを受け取る必要が生じたが、同設定が有効とならないケースが今回明らかとなった。

影響を受けるのは、脆弱性の緩和策として提供されている無償ツール「Enhanced Mitigation Experience Toolkit(EMET)」や、後継にあたり、「Windows 10 Fall Creators Update」で導入された「Windows Defender Exploit Guard」を利用しているケース。

これらを用いてシステム全体へ「ASLR」を強制した場合、「system-wide bottom-up ASLR」が有効にならないことが判明したという。

さらに「Windows Defender Exploit Guard」は、システムに「system-wide bottom-up ASLR」を適用するオプションが設けられており、初期設定では有効とされているが、適切にレジストリを変更していなかった。

そのため、「ASLR」を使用するようアプリ側で指定しておらず、システムから強制的に「ASLR」が適用されるアプリについては、ランダム化が不十分な状態となり、メモリへの配置が予測されるおそれがある。

(Security NEXT - 2017/11/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Chrome 90」が公開、37件のセキュリティ修正 - 前回更新からわずか1日で
米政府、サイバー攻撃など理由にロシアへ制裁 - SolarWinds侵害も正式に認定
SAP、4月の月例アップデートを公開 - CVSS基本値「9.9」のRCE脆弱性も
スマホアプリ「ぐるなび」に脆弱性 - 任意サイトへの誘導に悪用されるおそれ
「Chrome 89.0.4389.128」で脆弱性2件を修正 - いずれもエクスプロイトの報告あり
「Adobe Bridge」や「Photoshop」など複数Adobe製品に深刻な脆弱性
MS、月例セキュリティ更新で脆弱性108件に対応 - 一部でゼロデイ攻撃も
NEC製ルータ「Atermシリーズ」の複数製品に脆弱性
「Okta Access Gateway」にコマンドインジェクションの脆弱性
「Cisco SD-WAN vManage」に深刻な脆弱性 - アップデートが公開