Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

教員が学生の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 明星大

明星大学において、学生の個人情報を保存したUSBメモリが所在不明となっている。

同大によれば、問題のUSBメモリには、学生134人分の氏名と学籍番号含む履修者名簿のほか、学生9人分の氏名や実習状況含む教育実習生指導報告書、学生2人分の氏名、性別、生年月日含む推薦書などが保存されていた。セキュリティ対策は講じられていない。

9月27日に同大教員が非常勤講師を務める他大学で貸与されたパソコンでUSBメモリを使用したが、その後の所在がわからない状態だという。

警察や交通機関に届け出を行ったが見つかっておらず、同大では、対象となる学生に対し、報告と謝罪の書面を送付している。

(Security NEXT - 2017/11/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

中学校で答案用紙データ含む私物USBメモリが所在不明 - 長野市
介護保険被保険者の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 播磨町
個人情報含むUSBメモリ紛失、車上に置いたまま発車 - 加須市
プレゼント応募者の個人情報含むUSBメモリが所在不明 - 関西テレビ
児童提出物を不適切に廃棄した小学校教諭など処分 - 新潟県
教育センターで生徒の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 新潟県
学生情報含むUSBメモリを紛失、ファイルにはパスワード - 名大
在宅業務のためUSBメモリを持ち出し紛失 - 岡山の小学校
データの受け渡し過程でバックアップデータ紛失 - 豊橋市
業務データ持ち出し、教委職員を懲戒処分 - 美幌町