Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

サイト売買仲介サービスから顧客情報約1.4万件が流出 - GMO

GMOインターネットが運営するウェブサイト売買仲介サービス「サイトM&A」の会員情報が外部へ流出したことがわかった。

被害に遭った「サイトM&A」は、ウェブサイトの売買を仲介するマッチングサービス。同サービスへ登録していた会員情報1万4612件が外部へ流出していることが判明したもの。二次被害は確認されていないが、同社では流出情報の監視を続けている。

今回の問題を受けて同社では、警察や所管する官庁、個人情報保護委員会へ事態を報告。会員に対しても、書面やメールで事情の説明を進めているが、対応を進めている段階として公表は避けていた。

問い合わせの増加を受けて概要を公表したが、現在も事件の経緯など詳細への言及は避けている。

(Security NEXT - 2017/10/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ECサイトに不正アクセス、クレカ情報流出 - キャンディル子会社
メンズ衣料通販2サイトに不正アクセス - 618人で不正利用
顧客アカウント情報が外部流出、SQLi攻撃で - 日本ケミカルデータベース
読売関連会社のネットショップに不正アクセス - クレカ情報が被害
革製品通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
通販サイトでクレカ情報流出、システム刷新後に被害判明 - コスモス薬品
スマホアプリのウェブサーバがサイバー攻撃被害 - フォレスト出版
スピリチュアルグッズ通販サイトでクレカ情報流出の可能性
認証連携APIに不正アクセス、DCの不審アカウントきっかけに判明 - 弥生
不正アクセスでメアド流出、偽メール送信も - ゴルフ専門チャンネル