Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

PFU、不正端末検知製品を強化 - マルウェア検知機能など追加

PFUは、不正に接続された端末を検知、遮断するアプライアンス「iNetSec SF」に、マルウェア検知機能や脆弱性検査機能などを追加した。

同製品は、不正に接続された端末を検知し、ネットワークから遮断するアプライアンス。今回、追加機能のライセンスを提供開始した。あわせて連携製品の拡充を行っている。

「標的型サイバー攻撃振る舞い検知セグメントライセンス」では、マルウェア感染端末を遮断。「Windows」のパッチ適用状況を検査する「脆弱性検査セグメントライセンス」や、業務利用が禁止されているアプリケーションの利用を検知する「アプリケーション監視セグメントライセンス」を用意した。

iNetSec SF本体の価格は、マネージャーが24万円、センサーが18万円。「標的型サイバー攻撃振る舞い検知セグメントライセンス」は5万2000円/年から。「脆弱性検査セグメントライセンス」は年額6万円/年から。アプリケーション監視セグメントライセンスは年額9000円/年から。

(Security NEXT - 2017/10/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

中小企業向けUTMの新モデルを投入 - ウォッチガード
「Box」がマルウェア対策を強化 - 機械学習ベースの検知に対応
個別の脅威調査に応じるチケット制サービス - カスペルスキー
個人用ESETに新バージョン - 上位Windows版にクラウドサンドボックス
マルウェア対策やアクセス制御などモバイル向けソリューションを展開 - Jamf
アップデートでルータにセキュリティ機能を追加 - アライドテレシス
脅威情報を活用してC&C通信を検知するSaaS型サービス
サンドボックスなど利用したクラウド向け脅威対策サービス - NTT東
「InterSafe ILP」に新版 - ファイル持出時に個人情報をチェック
東京商工会議所、会員向けセキュ対策でコンソーシアムを発足