Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

国内でも「Bad Rabbit」を観測 - 2月には誘導スクリプトが稼働か

「Petya」に類似した新種ランサムウェア「Bad Rabbit」の感染活動が確認された問題で、FireEyeは、日本国内企業においても、同ランサムウェアを早い段階から検知していたことを明らかにした。

同社では、協定世界時8時ごろに最初の攻撃を検知。悪意あるファイルの配布元となったサイトが停止する15時まで、約7時間にわたり攻撃が展開された。

複数のサイトが誘導元となっており、広範囲に攻撃キャンペーンが展開されたという。

同社の調査では、今回の攻撃で利用された悪意ある「JavaScript」のフレームワークは、少なくとも2月から観測されており、IPアドレスやブラウザ、参照元サイトなどの情報を収集する機能を備えていた。

(Security NEXT - 2017/10/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

正規の「リモート管理ソフト」が攻撃者のバックドアに - 米政府が警戒呼びかけ
「情報セキュリティ10大脅威 2023」 - 組織は「ランサム」が引き続き首位
2022年のサイバー攻撃、前年比38%増 - 教育分野への攻撃増加
取材や講演会依頼装う標的型攻撃 - 「コロナで中止」とつじつま合わせ
政府、年末年始のセキュリティ対策で注意喚起
年末年始に向けてセキュリティ体制のチェックを
ランサム被害のデータ復旧でトラブル多発 - 業界5団体がチェックシート
ランサム検知数が前年の約2.8倍に - カスペまとめ
国境超えた仲間とセキュリティを学ぶ「GCC 2023シンガポール」 - 参加者募集がスタート
空調システムに特化したセキュリティ対策GLを公開 - 経産省