Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「ReadyNAS Surveillance」の脆弱性に対する攻撃 - 継続的に観測

NETGEAR製ファイルサーバ上で動作するネットワークビデオレコーダーソフトの「ReadyNAS Surveillance」に存在する脆弱性を標的としたアクセスが、10月9日から継続的に観測されている。

警察庁の観測システムにおいて、「ReadyNAS Surveillance」に存在する脆弱性を悪用する攻撃を観測したもの。HTTPの「GETリクエスト」により、OSコマンドの実行を試みるアクセスが、10月9日17時より継続的に観測されているという。

今回標的となった脆弱性は、9月28日に公表されたもの。脆弱性を悪用することで攻撃が可能となることを示した検証用プログラムがすでに公開されている。脆弱性が悪用された場合、認証なしでリモートよりコマンドを実行されるおそれがある。

観測したアクセスは、脆弱性の影響を受けるサーバを探索する目的とともに、システムに侵入するための情報収集の意図もあると見られるという。

NETGEARでは、脆弱性を修正した「同1.4.3-17」および「同1.1.4-7」をリリース。同庁では、サーバの管理者に対し、ソフトウェアのアップデートや、サーバに対して適切なアクセス制限を行うなど、対策を実施するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2017/10/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ゲーム利用者の約4割が複数ゲームアカウントでパスワードを使いまわし
テレワーク実施、2021年は2020年に比べて微減 - MMD研究所調べ
中小企業の個人情報安全管理コスト、年10万未満が6割強
2020年度のPマーク事業者による個人情報関連事故は2644件
コロナ禍で進む大学のデジタル化 - 4割強でトラブルを経験
2021年上半期のサイバー犯罪検挙は5345件 - 高水準で推移
2021年上半期の不正送金は376件 - 半数以上がOTP利用も被害
IPA、2021年前半の被害届出127件を公開 - ランサムや認証突破など
個人情報の漏洩や紛失などの報告、2020年度は4141件 - 個情委
巧妙化するランサム攻撃、被害の多くが「VPN機器」脆弱性に起因