Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NEC、IRMソリューションを機能強化 - 「OneDrive」に対応

NECは、IRMソリューション「InfoCage FileShell」の新版と、同ソフトの導入を支援するシステム「Application Platform for File Protection」を提供開始した。

同製品は、パソコンやファイルサーバに保存されたファイルを暗号化とユーザー認証により保護するIRMソリューション。

新版では、マイクロソフトのクラウドストレージサービス「OneDrive for Business」に保存されたファイルをサポート。「Azure Rights Management」との連携に対応した。価格は、1ライセンス1万4040円から。

また、ファイル保護システムの導入に必要な管理サーバやソフト、ハードウェア、システム構築をパッケージ化した「Application Platform for File Protection」を用意した。価格は、利用者100人から1000人のライトモデルが993万6000円から。

(Security NEXT - 2017/10/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ランサムウェア「Yanluowang」の復号ツールを提供 - カスペルスキー
NICT、プライバシー保護連合学習技術をイエラエに技術移転
復号化せずに「SSL/TLS」を用いたDDoS攻撃を防御 - Radware
管理機能を強化した個人情報検出ソフト「すみずみ君Advance」
顔情報を暗号化したまま認証する「秘匿生体認証技術」 - NEC
中小企業向けUTMの新モデルを投入 - ウォッチガード
ランサムウェア「REvil」の無償復号ツールが公開
ファイルサーバのAWS移行とファイル暗号化を支援 - ALSI
「InterSafe ILP」に新版 - ファイル持出時に個人情報をチェック
ホスト型WAFに新版、Cookie保護を強化 - JP-Secure