Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メルカリ、初回出品時の個人情報登録を義務化 - 盗品対策で

個人間取引サービスを提供するメルカリは、初回出品時の個人情報の登録を、年内をめどに義務化する方針であることを明らかにした。盗品の出品など含む違反行為への対策強化の一環としている。

同社が提供するフリマアプリ「メルカリ」において、これまで売上金の振込申請時に行っていた出品者の個人情報登録を、初回出品時にも必須とするもの。

氏名や住所、生年月日の登録を義務化し、売上金の振込口座との照合を行う。登録された氏名と振込口座が一致しない場合は、売上金を引き出せないようにすることで、盗品などの不正出品を防止。捜査機関への捜査協力にも活用するという。

また、従来より行っている捜査機関との連携を強化するほか、過去に発生した違反行為を分析し、AIを活用して不正を検知する取り組みを進める。

さらに今後、盗品と確定した商品については、盗難の被害者に対し損害額の補填を行うしくみについても検討していく。

(Security NEXT - 2017/10/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2021年度の個人情報漏洩などの報告は6000件弱 - 4件に1件が不正アクセス
即時口座開設システムで障害、一部本人確認画像など破損 - セブン銀
都の電子申請システムで不具合 - 別人の教員選考受験票を表示
オンライン書店「honto」で不正ログインの可能性
「起業家育成事業」に申し込んだ中学生生徒の個人情報が閲覧可能に - 名古屋市
釜石市、職員2人を懲戒免職 - 全住民情報を持出、監査の不正操作も
看護関係者向け会員サイトにPWリスト攻撃 - P不正交換も
一部Facebook連携で別人より個人情報が閲覧可能に - アート販売サイト
スクーリング時の回覧座席表に受講者名簿を誤って添付 - 日大
未感染者にも及ぶ「Emotet」被害 - なりすまされ、約10万件のメール