Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メルカリ、初回出品時の個人情報登録を義務化 - 盗品対策で

個人間取引サービスを提供するメルカリは、初回出品時の個人情報の登録を、年内をめどに義務化する方針であることを明らかにした。盗品の出品など含む違反行為への対策強化の一環としている。

同社が提供するフリマアプリ「メルカリ」において、これまで売上金の振込申請時に行っていた出品者の個人情報登録を、初回出品時にも必須とするもの。

氏名や住所、生年月日の登録を義務化し、売上金の振込口座との照合を行う。登録された氏名と振込口座が一致しない場合は、売上金を引き出せないようにすることで、盗品などの不正出品を防止。捜査機関への捜査協力にも活用するという。

また、従来より行っている捜査機関との連携を強化するほか、過去に発生した違反行為を分析し、AIを活用して不正を検知する取り組みを進める。

さらに今後、盗品と確定した商品については、盗難の被害者に対し損害額の補填を行うしくみについても検討していく。

(Security NEXT - 2017/10/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

eKYC時の顔データを用いて本人認証する新サービス - Liquid
DMMをかたるフィッシング、本人確認装い偽サイトへ誘導
イベント来場者管理サービス、大量アクセスで個人情報を誤表示
「LIQUID eKYC」、「収入証明書」や「健康診断書」の撮影に対応
2021年2Qの不正送金 - 件数大幅減となるも被害額は微増
セキュリティ関連の相談、前四半期比44.6%減
「エックスサーバー」装うフィッシング - 「利用制限」「契約解除」と不安煽る
顔認証によるショルダーハッキング対策製品、マスク着用に対応
複数職員が住基システムでコロナ患者情報を業務外閲覧 - 横手市
ドコモオンラインショップでギフトコードの不正購入被害 - 回線認証を逆手に