Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

5年前に終了したプリントゴッコ通販サイトに不正アクセス - 顧客情報が流出

理想科学工業の通信販売サイトにおいて過去に提供していた会員サービスが不正アクセスを受け、顧客情報が外部へ流出した可能性があることがわかった。

流出の可能性が判明したのは、コンシューマー向け通販サイト「RISOオンラインショップ」で、過去に提供されていた「リソーゴッコスクラブ」の会員情報616件。電話番号、メールアドレス、同サービスのログインパスワードが含まれる。

同サービスで利用していた全研本社のECサイト構築システム「Allin1OFFiCE」が不正アクセスを受け、顧客情報が外部へ流出した可能性があることを、同月11日に全研より報告を受けたという。

同会員サービスは、プリントゴッコ関連製品の販売終了にともない、2012年12月28日に終了しており、同社では、同システムで保管していたリソーゴッコスクラブの会員データを削除した。対象となる顧客に対し、メールと書面により報告と謝罪を行う。

また今回の問題について、現在運営している「RISOオンラインショップ」については影響ないとしている。

(Security NEXT - 2017/10/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

JNSAが選ぶ2020年10大ニュース、気になる1位は……
フィッシング対策で行政機関へ意見 - 消費者委
コロナ禍ではじめて迎える冬期長期休暇 - あらためてセキュ対策の確認を
アクセス制御技術の研究開発情報を募集 - 政府
2020年度上半期、個情委への個人情報漏洩報告は481件
ランサム被害拡大で重要インフラ事業者に注意喚起 - NISC
Pマーク事業者による個人情報事故、2019年度は2543件
8割超のユーザーがパスワードを使い回し - 「忘れてしまう」「面倒」
顧客情報流出でサクソバンク証券に業務改善命令
データ保護の責任所在 - 日本とアジア地域にギャップ