Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

5年前に終了したプリントゴッコ通販サイトに不正アクセス - 顧客情報が流出

理想科学工業の通信販売サイトにおいて過去に提供していた会員サービスが不正アクセスを受け、顧客情報が外部へ流出した可能性があることがわかった。

流出の可能性が判明したのは、コンシューマー向け通販サイト「RISOオンラインショップ」で、過去に提供されていた「リソーゴッコスクラブ」の会員情報616件。電話番号、メールアドレス、同サービスのログインパスワードが含まれる。

同サービスで利用していた全研本社のECサイト構築システム「Allin1OFFiCE」が不正アクセスを受け、顧客情報が外部へ流出した可能性があることを、同月11日に全研より報告を受けたという。

同会員サービスは、プリントゴッコ関連製品の販売終了にともない、2012年12月28日に終了しており、同社では、同システムで保管していたリソーゴッコスクラブの会員データを削除した。対象となる顧客に対し、メールと書面により報告と謝罪を行う。

また今回の問題について、現在運営している「RISOオンラインショップ」については影響ないとしている。

(Security NEXT - 2017/10/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ゲーム利用者の約4割が複数ゲームアカウントでパスワードを使いまわし
テレワーク実施、2021年は2020年に比べて微減 - MMD研究所調べ
中小企業の個人情報安全管理コスト、年10万未満が6割強
2020年度のPマーク事業者による個人情報関連事故は2644件
コロナ禍で進む大学のデジタル化 - 4割強でトラブルを経験
2021年上半期のサイバー犯罪検挙は5345件 - 高水準で推移
2021年上半期の不正送金は376件 - 半数以上がOTP利用も被害
IPA、2021年前半の被害届出127件を公開 - ランサムや認証突破など
個人情報の漏洩や紛失などの報告、2020年度は4141件 - 個情委
巧妙化するランサム攻撃、被害の多くが「VPN機器」脆弱性に起因