Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

診療予約サービスに不正アクセス - 患者情報約60万件が流出か

ほくやく・竹山ホールディングスの子会社であるアドウイックの運営サイトが不正アクセスを受け、医療機関の患者に関する個人情報が外部へ流出した可能性があることがわかった。

同社が医療機関向け提供している診療予約サービス「シマフクロウ・シリーズ」のウェブサイトが、外部より不正アクセスを受けたもの。

10月10日以前に同サービスを利用して予約登録を行った医療機関の患者59万7452人分の個人情報が流出した可能性がある。氏名や生年月日、電話番号、メールアドレスのほか、診察券番号や予約時間などが含まれる。

同社によれば、10月10日に海外より不正アクセスをブロックし、アクセスログを解析したところ、同サービスが不正アクセスを受けていたことが判明した。

同社では、関連する顧客に対して事情を説明し、謝罪するほか、不審なメールや電話へ注意するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2017/10/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ランサムウェア被害で顧客情報流出の可能性 - コンサル事業者
ECシステムへの不正アクセスで顧客情報流出の可能性 - 寿司通販サイト
「エヴァンゲリオン」公式通販サイト、クレカやPWなど流出のおそれ
経済同友会、複数端末に不正アクセス - サーバのアラート契機に発覚
通販サイトへの不正アクセス、クレカ流出の調査結果が判明 - グラントマト
骨盤ベルト通販サイトに不正アクセス - クレカ情報など流出した可能性
利用ECシステムへ不正アクセス、顧客情報流出の可能性 - 杏林堂薬局
理研に不正アクセス - 脆弱性修正より新機能優先して被害に
衣料品通販サイト「LINK IT MALL」に不正アクセス - クレカやアカウント情報が流出か
ライトオンに不正アクセス、会員の個人情報が流出