Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

SOCやCSIRTなど「セキュリティ対応組織」向け教科書に第2版

日本セキュリティオペレーション事業者協議会(ISOG-J)は、「セキュリティ対応組織(SOC/CSIRT)の教科書」の第2版を公開した。

同資料は、企業や組織に設置される「セキュリティオペレーションセンター(SOC)」や「CSIRT(Computer Security Incident Response Team)」の存在意義や機能、役割のほか、対応策など、ノウハウを取りまとめたもの。

これら組織に求められる9種類の機能や54種類の役割について、平常時やインシデント発生時のフローなどを参照できるほか、組織の成熟度を測定できるよう「セルフチェックシート」も用意した。

これら資料は、同協議会のウェブサイトよりダウンロードすることができる。

(Security NEXT - 2017/10/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

CSIRT関係者がオンラインで集結、「NCA Annual Conference 2021」が12月に開催
インド太平洋地域における制御システムのセキュリティ向上を支援 - 日米欧が連携
政府、「サイバーセキュリティ戦略」を閣議決定
CSIRTの倫理規範「EthicsfIRST」の日本語版を公開 - JPCERT/CC
教員アカウントがスパム送信の踏み台に - 九州歯科大
登録セキスペ向け「特定講習」の受講受付を開始 - NICT
MSPも利用するIT管理ツールがゼロデイ攻撃の標的に - 日本でも検知
セキュリティ分野の総務大臣奨励賞、登大遊氏ら受賞
相談窓口の顧客情報に外部アクセス、設定不備で - バンダイ
インシデント対応学ぶ演習サービス - クラウドに模擬環境