Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

SOCやCSIRTなど「セキュリティ対応組織」向け教科書に第2版

日本セキュリティオペレーション事業者協議会(ISOG-J)は、「セキュリティ対応組織(SOC/CSIRT)の教科書」の第2版を公開した。

同資料は、企業や組織に設置される「セキュリティオペレーションセンター(SOC)」や「CSIRT(Computer Security Incident Response Team)」の存在意義や機能、役割のほか、対応策など、ノウハウを取りまとめたもの。

これら組織に求められる9種類の機能や54種類の役割について、平常時やインシデント発生時のフローなどを参照できるほか、組織の成熟度を測定できるよう「セルフチェックシート」も用意した。

これら資料は、同協議会のウェブサイトよりダウンロードすることができる。

(Security NEXT - 2017/10/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

インシデント対応学ぶ演習サービス - クラウドに模擬環境
コロナ禍ではじめて迎える冬期長期休暇 - あらためてセキュ対策の確認を
キャッシュレス決済のセキュリティ評価サービス - KPMGコンサル
「サイバーセキュリティに関する総務大臣奨励賞」が決定 - 2名1団体が受賞
SFCへ不正アクセス、個人情報流出の可能性 - 慶大
日本シーサート協議会、オンラインカンファレンスを開催 - 未加盟でも参加可
脅威ハンティングサービスを開始 - NTTデータ先技
インシデント体験の研修サービスがテレワークに対応 - ラック
JPCERT/CC、インシデント報告などセキュリティ対策の協力者に感謝状
テレワーク増えるコロナ禍のCSIRT対応プラクティス集