Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

9月19日ごろよりDDoS脅迫メール出回る - 攻撃グループ「Phantom Squad」名乗る

要求に応じないとオンラインサービスへDDoS攻撃を行うなどとして、金銭を支払うよう要求する脅迫メールが、今週に入り出回っていることがわかった。

脅迫メールについて複数組織より報告を受けているJPCERTコーディネーションセンターによれば、9月19日ごろより、「Phantom Squad」を名乗るグループから、国内外の組織へ脅迫メールが送りつけられているという。

DDoS攻撃によりサービス停止に追い込むことをちらつかせ、金銭を要求するケースとしては、6月に「Armada Collective」を名乗るグループが確認されている。

今回確認された脅迫メールには、「Armada Collective」のメールと類似する点が見られる一方、送付先の宛先を指定せずに広く拡散するなど、異なる特徴も確認されている。

(Security NEXT - 2017/09/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

政府の脆弱IoT機器調査「NOTICE」、2月20日から - イメージキャラクターにカンニング竹山さん
2020年2Q、「Portmap」悪用のリフレクション攻撃が増加
「ランサムDDoS」を国内で観測 - 支払有無で結果変わらず
DoS/DDoS攻撃キャンペーンに警戒を - 各国機関が注意喚起
Docker API狙うマルウェア「Kaiji」など見つかる
6月のDDoS攻撃、前月比約1.5倍に - IIJレポート
中小金融機関のセキュリティ対策底上げが課題 - 金融庁
5月のDDoS攻撃、件数は減少するも攻撃規模は拡大 - IIJレポート
「UPnP」プロトコルに脆弱性、攻撃手法「CallStranger」が明らかに
EOLのマルウェア侵入対策製品がボットネットの標的に