Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

9月19日ごろよりDDoS脅迫メール出回る - 攻撃グループ「Phantom Squad」名乗る

要求に応じないとオンラインサービスへDDoS攻撃を行うなどとして、金銭を支払うよう要求する脅迫メールが、今週に入り出回っていることがわかった。

脅迫メールについて複数組織より報告を受けているJPCERTコーディネーションセンターによれば、9月19日ごろより、「Phantom Squad」を名乗るグループから、国内外の組織へ脅迫メールが送りつけられているという。

DDoS攻撃によりサービス停止に追い込むことをちらつかせ、金銭を要求するケースとしては、6月に「Armada Collective」を名乗るグループが確認されている。

今回確認された脅迫メールには、「Armada Collective」のメールと類似する点が見られる一方、送付先の宛先を指定せずに広く拡散するなど、異なる特徴も確認されている。

(Security NEXT - 2017/09/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「e-Gov」の障害原因が明らかに - 攻撃元など非公表
4省庁23サイトで障害、DDoS攻撃が原因か - 民間サイトでも障害
7月のDDoS攻撃、前月から微増 - IIJレポート
6月のDDoS攻撃は1割減、最大規模も大きく縮小 - IIJレポート
インフラ関係者9割超、サイバー攻撃による産業制御システムの中断を経験
5月はDDoS攻撃が微増、50Gbps超の攻撃も - IIJレポート
Interop Tokyoが幕張メッセで開幕 - 「Best of Show Award」が発表
4月のDDoS攻撃は件数、最大規模ともに減少 - IIJレポート
ランサムウェア「Yanluowang」の復号ツールを提供 - カスペルスキー
対ウクライナDDoS攻撃の余波を観測 - JPCERT/CC