Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Apacheにメモリ漏洩の脆弱性「Optionsbleed」 - 「Heartbleed」直後に判明するも修正されず

同脆弱性の影響については、漏洩するデータ量が小さく、影響を受けるサーバも多く見つかっていないことから、「Heartbleed」ほどの影響はないと説明している。

実際に同氏が、Alexaの上位100万サイトについて応答内容を確認したところ、問題の「Allowヘッダ」を応答したケースは、466件に過ぎなかったという。

ただし、共有ホスティング環境では、「.htaccessファイル」で「Limitディレクティブ」が利用されることもあることから、注意が必要だと指摘している。

同脆弱性は「同2.4.27」「2.2.34」および以前のバージョンに影響があり、パッチを適用することで脆弱性を解消できる。

(Security NEXT - 2017/09/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Adobeがアップデートを公開 - 7製品に脆弱性
MS、2021年最初の月例セキュリティパッチを公開 - 一部で悪用も
「SKYSEA Client View」のインストーラに脆弱性 - 最新版の利用を
「Microsoft Edge 87.0.664.75」がリリース - 脆弱性13件を修正
脆弱性に対処した「Thunderbird 78.6.1」をリリース
PHPにセキュリティ更新 - 「PHP 7.4.14」「同7.3.26」が公開
NVIDIAのGPUドライバに複数脆弱性 - vGPUソフトウェアにも
「Firefox」に深刻な脆弱性 - Android版にも影響
「Chrome 87.0.4280.141」が公開 - セキュリティに関する16件の修正を実施
ウェブセキュリティ製品に複数脆弱性 - トレンド