Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Apacheにメモリ漏洩の脆弱性「Optionsbleed」 - 「Heartbleed」直後に判明するも修正されず

Apache HTTP Serverにおいて、メモリ上のデータが漏洩するおそれがある脆弱性「Optionsbleed」が存在することが明らかになった。2014年より指摘されていた脆弱性だという。

特定環境下において「OPTIONSメソッド」によりアクセスすると、解放後メモリへアクセスし、応答から情報が漏洩するおそれがある「CVE-2017-9798」が判明したもの。重要度は「高(High)」にレーティングされている。

具体的には、「Apache」でディレクトリごとにアクセス制御を行う「.htaccessファイル」へ、HTTPメソッドの全体に登録されていない「Limitディレクティブ」を設定した場合、「OPTIONSメソッド」による要求に対して、応答時の「Allowヘッダ」にサーバプロセスのメモリ情報が漏洩することがあるという。

脆弱性を公表したフリーランスライターのHanno Böck氏は、同脆弱性を「Optionsbleed」と命名。さらに「Heartbleed」の発見後に発表された2014年5月に発表された論文で同脆弱性が言及されていたことも判明。これまで脆弱性として認識されず、修正されてこなかったという。

(Security NEXT - 2017/09/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

脆弱性「Zerologon」の悪用確認 - 侵害封じ込めが困難に、影響多大のため早急に対策を
Windows向けの旧版「ウイルスバスタークラウド」に複数脆弱性
深刻な脆弱性「Zerologon」、「Samba」にも影響 - 設定確認を
セキュリティ修正10件含む「Chrome 85.0.4183.121」がリリース
8月修正「Windows Server」の脆弱性狙う悪用コードが公開 - 米政府警告
「Firefox 81」が公開、複数脆弱性を修正 - 延長サポート版も更新
CMSの「Drupal」に複数の脆弱性 - アップデートがリリース
WP向けプラグイン「File Manager」脆弱性、国内でも悪用被害
MS、「Office for Mac」向けに定例外アップデート
「Adobe Media Encoder」に3件の脆弱性 - アップデートが公開