Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「BlueBorne」の影響をチェックできるAndroidアプリ

Bluetoothの実装に深刻な脆弱性が明らかとなり、あらたな攻撃手法である「BlueBorne」が報告された問題で、同問題を公表したArmisでは、Google Playにおいて脆弱性をスキャンするアプリを公開している。

20170915_bv_001.jpg
Google Playで公開されている「BlueBorne Vulnerability Scanner」

同社が公開した「BlueBorne Vulnerability Scanner」は、同脆弱性の影響を受けるか確認するためのAndroidアプリ。インストールした端末について脆弱性の影響を受けるかチェックすることが可能だとしている。

周辺のデバイスをスキャンし、結果などを表示する機能も備え、「BlueBorne攻撃」の媒介となる可能性についてもチェックできる。ただし、管理下にない端末に対しても脆弱性のスキャンニングを行ってしまうおそれがあり、法的な問題が生じる可能性もあるため注意が必要。

同アプリの公開当初、一部端末でクラッシュする問題があったが、修正を実施した。すでに数万件単位がダウンロードされ、利用されていると見られる。

(Security NEXT - 2017/09/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「ウイルスバスター for Mac」に脆弱性 - 修正を自動配信
「Movable Type」ベースの「PowerCMS」にも深刻な脆弱性
「VMware vCenter Server」に2件の脆弱性 - アップデートが公開
QNAP Systemsの「Multimedia Console」に脆弱性
独自の修正含む「Microsoft Edge 96.0.1054.29」がリリース
脆弱性に対処した「PHP 7.4.26」「同7.3.33」が公開
「Drupal」にXSSの脆弱性、アップデートが公開 - 「同8」は最後の更新
米英豪、イランのAPT活動に注意喚起 - 「Fortinet」「Exchange」の脆弱性が標的
「Azure AD」に脆弱性 - 更新適用済みだが、利用者側で修正が必要となる場合も
MS、定例外で「Windows 10 Update Assistant」の脆弱性を修正