Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

金融機関職員装い電話でワンタイムパスワードを聞き出す詐欺 - 情報収集のケースも

電話で金融機関の職員を名乗ってワンタイムパスワードなどを聞き出し、金銭を不正送金する詐欺が発生している。

同詐欺は、事前に預金者へオンラインバンキングに契約させてアカウント情報を詐取。さらにワンタイムパスワードを電話で聞き出して不正送金を行う手口。

注意喚起を行ったりそな銀行によれば、詐欺の電話では金融機関のシステム管理部門やカスタマーセンター、ネット送金不正対策部の関係者を偽装していた。

同行が把握しているケースでは、電話で実在しない「コダマ」なる職員を装い、「海外から不正ログインあった」など、オンラインバンキングが不正アクセスを受けていると不安を煽る。

(Security NEXT - 2017/09/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

フィッシングサイトの8割強がクレカブランドを標的に
フィ対協、フィッシング対策セミナーを11月にオンラインで開催
保健所職員が個人情報を私用端末に、同期クラウドが乗っ取り被害 - 大阪市
J-CSIPへの情報提供が約2.6倍に - 過去の受信メールにも注意を
2Qセキュ相談、前四半期比約25%減 - 半減するも依然多い「Emotet」相談
SCSKに対するプライバシーマーク付与が1カ月間停止に
ヤマト運輸を装うメールやなりすましサイトに注意を
啓発イベント「サイバー防災」がスタート - 人気キャラ「しろまる」とコラボ
2021年のフィッシング報告、前年比約2.3倍に - 約53.6%がEC系
SB、スミッシング対策を無償提供 - アルファベット発信元の拒否にも対応