Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

金融機関職員装い電話でワンタイムパスワードを聞き出す詐欺 - 情報収集のケースも

電話で金融機関の職員を名乗ってワンタイムパスワードなどを聞き出し、金銭を不正送金する詐欺が発生している。

同詐欺は、事前に預金者へオンラインバンキングに契約させてアカウント情報を詐取。さらにワンタイムパスワードを電話で聞き出して不正送金を行う手口。

注意喚起を行ったりそな銀行によれば、詐欺の電話では金融機関のシステム管理部門やカスタマーセンター、ネット送金不正対策部の関係者を偽装していた。

同行が把握しているケースでは、電話で実在しない「コダマ」なる職員を装い、「海外から不正ログインあった」など、オンラインバンキングが不正アクセスを受けていると不安を煽る。

(Security NEXT - 2017/09/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「SAP」を狙うサイバー攻撃、事業停止のリスクも - 利用企業は早急に確認を
2月はクレカ会社のフィッシングサイトが1.3倍に - BBSSレポート
松井証券で顧客資産約2億円が不正引出 - 長年業務に携わる委託先SEが権限悪用
ブラウザの通知機能を悪用、巧妙な「偽アラート」に注意
訪問代理店が顧客情報を不正取得 - ソフトバンク
1月のフィッシングサイト、前年同月の倍に - 6割弱が偽ECサイト
消費者庁が「サポート詐欺」に注意喚起 - MSロゴなど悪用
33%がPWを使い回し、52%は似たPWを再利用 - F-Secure調査
ランサムウェア「Fonix」が活動停止 - 謝罪して復号鍵を公開
2020年の緊急対応支援、3割強が「Emotet」 - ラック