Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

フレクセラ、MSの「Intelligent Asset Manager」と連携

フレクセラ・ソフトウェアはMicrosoftと協業し、同社ソフトウェア管理ソリューションでMicrosoft製品のライセンス状態を管理できる機能を提供する。

今回の協業により、Microsoftの「Intelligent Asset Manager」と同社のソフトウェア管理ソリューション「FlexNet Manager Suite」の連携に対応したもの。

同ソリューションを通じて、Microsoft製品のライセンス状態を継続的に管理することが可能。所有するMicrosoftソフトウェアの配置状況とライセンス保有状況を比較し、配置数とライセンス保有数に差や、未活用の領域がないか特定できる。

(Security NEXT - 2017/09/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

個人情報含むファイルを検出し、傾向と対策を示すサービス
「Acronis True Image 2021」が登場 - 上位版にマルウェア対策機能
ファイルの不正利用防止ソフトの新版 - ティエスエスリンク
UTMと国内脅威DBの連携ソリューション - キヤノンMJら
エンドポイント対策強化するサンドボックスとEDR - カスペ
PW管理製品に新製品、流出状況のチェック機能 - エフセキュア
日本ユニシスとソフトバンク、セキュリティ新会社を設立
ブラウザの実行環境を分離するソリューション - NEC
組込機器向けセキュリティ製品に新版 - カスペルスキー
メール誤送信対策製品のテレワーク用ライセンスを無償提供 - 富士通SSL