Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

フレクセラ、MSの「Intelligent Asset Manager」と連携

フレクセラ・ソフトウェアはMicrosoftと協業し、同社ソフトウェア管理ソリューションでMicrosoft製品のライセンス状態を管理できる機能を提供する。

今回の協業により、Microsoftの「Intelligent Asset Manager」と同社のソフトウェア管理ソリューション「FlexNet Manager Suite」の連携に対応したもの。

同ソリューションを通じて、Microsoft製品のライセンス状態を継続的に管理することが可能。所有するMicrosoftソフトウェアの配置状況とライセンス保有状況を比較し、配置数とライセンス保有数に差や、未活用の領域がないか特定できる。

(Security NEXT - 2017/09/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

パケットを分析、長期管理できるソリューション - テリロジーワークス
サンドボックスなど利用したクラウド向け脅威対策サービス - NTT東
認証サーバ内に個人情報を保存しない顔認証ソリューションが機能強化
ソフトウェアのサプライチェーンリスク対策でSBOM利用を促進 - Linux Foundation
脆弱性管理など必要時のみ利用できる新ライセンス体系 - エフセキュア
制御システム向けにエンドポイント対策製品 - トレンド
クライアントのログ管理サービスをクラウドで提供 - ラネクシー
中小規模組織向けにエンドポイント保護製品 - カスペ
法人向けESETエンドポイント製品のWindows版に新版 - 暗号化製品も追加
ヤマハ、SMB向けUTMを発売 - 遠隔サポートで設定変更やログ確認なども対応