Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本シーサート協議会の初イベント、新旧の交流の場に - テーマは「絆」

CSIRTは、経済産業省が2015年に公開したセキュリティ経営ガイドラインで言及されたことも後押しし、同協議会への参加企業は、8月4日の時点で241チームに拡大している。

同イベントの実行委員長を務めるトレンドマイクロの萩原健太氏によれば、参加組織が増えたことで、一堂に会することが難しくなり、今回10周年という節目の年を迎えたことから、同協議会初となるイベントを企画したという。

普段であれば、参加チーム間のコミュニケーションは、連絡窓口である「POC(Point of contact)」のメンバーが担当することになるが、今回のイベントでは、CSIRTに関わるさまざまなメンバーが交流できるイベントを目指した。

CSIRTを構築したものの、運用してみると建て付けが悪かったり、設立時のメンバーと以降の世代でギャップが生まれているケースなどもあるが、百社百用のCSIRTであるものの、基本部分もあり、今回のイベントが課題解決や理解を深めるきっかけにしてほしいと同氏は話した。

(Security NEXT - 2017/08/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

CSIRT関係者がオンラインで集結、「NCA Annual Conference 2021」が12月に開催
インド太平洋地域における制御システムのセキュリティ向上を支援 - 日米欧が連携
政府、「サイバーセキュリティ戦略」を閣議決定
CSIRTの倫理規範「EthicsfIRST」の日本語版を公開 - JPCERT/CC
セキュリティ分野の総務大臣奨励賞、登大遊氏ら受賞
コロナ禍ではじめて迎える冬期長期休暇 - あらためてセキュ対策の確認を
「サイバーセキュリティに関する総務大臣奨励賞」が決定 - 2名1団体が受賞
日本シーサート協議会、オンラインカンファレンスを開催 - 未加盟でも参加可
JPCERT/CC、インシデント報告などセキュリティ対策の協力者に感謝状
テレワーク増えるコロナ禍のCSIRT対応プラクティス集