Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MS、定例外でセキュリティ修正パッチを公開 - 「Outlook」の脆弱性や不具合へ対処

マイクロソフトは、定例外でセキュリティ更新プログラムを急遽リリースし、「Office」における複数の脆弱性へ対応した。また従来判明していた一部不具合についても解消しているという。

20170728_ms_001.jpg
MSの「セキュリティTechCenter」

今回の更新は、7月の月例セキュリティ更新プログラムへ、定例外であらたな修正を追加したもの。

「Outlook」で細工されたメールを処理した際にコードを実行されるおそれがある脆弱性「CVE-2017-8663」へ対処した。

さらに「Outlook」において入力を適切に処理しないことに起因し、セキュリティ機能がバイパスされる「CVE-2017-8571」や、メモリの内容が漏洩するおそれがある脆弱性「CVE-2017-8572」を修正した。

同社は、これら脆弱性の深刻度について「重要」とレーティング。いずれも脆弱性の悪用は確認されていないという。

また今回のアップデートでは、6月の月例セキュリティ更新に判明した既知の問題4件についても対応した。リッチテキスト形式の添付ファイルや連絡先などを開く際にエラーが表示される問題などを解消している。

(Security NEXT - 2017/07/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

公開情報からネット接続機器を検出、脆弱性を診断するサービス
10月中旬よりWPプラグイン「File Manager」の探索行為が増加
NETGEAR製スイッチの管理画面にCSRFの脆弱性
「JetBrains ToolBox」に深刻な脆弱性 - 開発者とNVDでわかれる評価
LINEで意図に反する大量の「グループ招待」「友だち追加」 - バグ検証から拡大か
「Drupal」にRCE脆弱性 - アップロードされたファイルの確認も
エプソン製品のインストーラに脆弱性 - 最新版の利用を
VMwareのアクセス管理製品に深刻な脆弱性 - パッチは準備中
「ウイルスバスター for Mac」旧版に複数脆弱性
Google、「Chrome 87」で33件のセキュリティに関する修正を実施