Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

月例パッチ起因の「Outlook」不具合、緊急修正プログラム適用でクラッシュのおそれ

マイクロソフトが6月に公開した月例セキュリティ更新の適用後、「Outlook」において不具合が発生している問題で、同問題を解決するために緊急で公開された修正プログラムにも、一部環境でクラッシュする不具合が存在することがわかった。

最初に発生した不具合は、米時間毎月第2火曜日、いわゆる「パッチチューズデー」である6月13日に同社が公開したセキュリティ更新プログラム「KB3191898」「KB3203467」を適用した「同2007」「同2010」において、リッチテキスト形式の添付ファイルを処理できない現象が発生したもの。

同問題の解消に向け、同社では6月27日、「Outlook 2010」向けに緊急の修正プログラムをリリースしたが、32ビット版において同プログラム「KB3015545」を適用すると、クラッシュする問題が確認されたという。

同社では同プログラムの公開を中止したが、中止前にダウンロードしていた場合は、適用しないよう注意を呼びかけている。なお、問題のプログラムについては、「WSUS(Windows Server Update Services)」や「Windows Update」経由の配信は行っていないとしている。

今回、不具合が発生した「同2010」の32ビット版や「同2007」については、修正プログラムが用意されていない状況となっている。

(Security NEXT - 2017/07/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「macOS High Sierra 10.13」が登場 - 脆弱性43件を解消
10月15日に「Adobe Acrobat/Reader XI」のサポートが終了 - 発売から5年
「Adobe Acrobat/Reader」が再アップデート - 不具合や脆弱性への対策で
取引先への案内メール約3000件を誤送信 - アットホーム
2016年度の電気通信事故報告件数は6293件 - 重大事故は5件
MS、定例外でセキュリティ修正パッチを公開 - 「Outlook」の脆弱性や不具合へ対処
信用情報機関へ誤情報を登録、システム不具合で - ヤマトクレジット
他顧客の配送先情報をサイトで誤表示 - 基盤製造ベンチャー
メルカリの他利用者情報の誤表示、複数条件揃う必要
メルカリで他利用者情報が閲覧可能に - CDNプロバイダ切替で