Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

カスペ、Linux向けセキュリティ対策製品に新版 - ブート領域やメモリ上のマルウェア検知が可能に

カスペルスキーは、法人向けLinux用セキュリティ対策ソリューション「Kaspersky Endpoint Security 10 for Linux」英語版の新版を提供開始した。

同製品は、Linuxを利用するエンドポイント向けのセキュリティソリューション。新版では、ワークステーションにくわえてサーバも保護の対象となった。「Red Hat Enterprise Linux 7.3」「CentOS 7.3」などの最新OSをサポートしている。

スキャンの対象をディスクブート領域とプロセスメモリへ拡張。ブート領域とメモリ上に潜むマルウェアの検知が可能になった。またインストールやアップデート時にLinuxサーバを再起動する必要がなくなったほか、同社のクラウド基盤を活用した脅威の保護に対応している。

最小構成となる10クライアントで利用した場合、価格は3万4992円から。

(Security NEXT - 2017/07/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Google、「Chrome 106」をリリース - セキュリティ関連で20件の修正
Google、複数の脆弱性を修正した「Chrome 105.0.5195.125」など公開
「Chrome」にゼロデイ脆弱性、アップデートが公開 - 「MS Edge」にも新版
「Chrome 105」がリリースに - 深刻な脆弱性などを解消
「VMware Tools」に権限昇格のおそれ - アップデートが公開
組込機器向けLinux「DD-WRT」に深刻な脆弱性
Linuxカーネルに「Dirty COW」に類似した脆弱性見つかる
「Chrome」にアップデート、ゼロデイ脆弱性などを修正
Zoomに深刻な脆弱性、悪意ある会議URL開くと攻撃受けるおそれも
「UnRAR」の既知脆弱性、悪用リスクが高まる