Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2017年2Qの脆弱性登録は3511件 - 制御システム関連は上半期に67件

情報処理推進機構(IPA)は、2017年第2四半期における脆弱性データベース「JVN iPedia」の登録状況を取りまとめた。あらたに3511件が登録され、累計件数が7万件を超えたという。

20170726_ip_001.jpg
2017年第2四半期における「JVN iPedia」の登録状況(表:IPA)

「JVN iPedia」は、国内のソフトウェア開発者が公表した脆弱性情報をはじめ、脆弱性情報ポータルサイト「JVN」の公開情報や米国立標準技術研究所(NIST)による脆弱性データベース「NVD」の公開情報を収録するデータベース。2007年4月より公開されている。

2017年第2四半期に登録されたあらたな脆弱性情報は3511件で、前四半期の2867件を上回った。内訳は、国内製品開発者による登録情報が3件、「JVN」の掲載情報が310件、「NVD」の情報が3198件だった。

登録開始からの累計登録件数は7万996件。また英語版には92件の登録があり、累計件数は1728件となった。

(Security NEXT - 2017/07/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Exim」に脆弱性 - 拡張子による添付ファイルブロックを回避されるおそれ
地理空間データを活用する「GeoServer」の脆弱性攻撃に注意
「OpenSSH」の脆弱性「regreSSHion」、40以上のCisco製品に影響
中間者攻撃で認証応答を偽造できる脆弱性「Blast-RADIUS」
ServiceNowの「Now Platform」に深刻な脆弱性 - アップデートの実施を
「OpenStack」のモジュールに脆弱性 - 修正パッチが公開
「Apache CloudStack」に複数脆弱性 - アップデートや回避策の実施を
「Joomla」にセキュリティアップデート - XSS脆弱性を修正
Fortinet、アドバイザリ13件を公開 - 「regreSSHion」の影響も説明
Palo Alto製品に脆弱性 - 重要度「クリティカル」も