Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

東京情報大と日立システムズ、セキュリティ分野で包括連携 - 医療分野での対策を研究

東京情報大学と日立システムズは、サイバーセキュリティに関する包括連携協定を締結した。看護学部におけるセキュリティ教育や、医療分野におけるサイバー攻撃対策の研究で連携していくという。

両者は2012年より連携し、同大の統合情報学部において、セキュリティインシデントの兆候に関する解析やサイバー攻撃の検出手法の研究、情報セキュリティ人材の育成などに取り組んできた。

今回締結した包括連携協定により、これまでの取り組みにくわえ、同大に新設された看護学部の学生に対する情報セキュリティ教育を行うほか、医療分野におけるサイバー攻撃の問題抽出や、防衛策の研究に関する連携を強化する。

(Security NEXT - 2017/07/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

SIA、「ファクトチェックセンター」を設置 - 真偽検証して情報配信
パーソナルデータ流通の標準化に注力 - SIOTP協議会
産官学が連携、セキュリティ人材の育成を推進
セキュリティ対策に貢献した研究者や実務者に感謝状 - JPCERT/CC
クラウドのDB消去をテーマとしたセミナー実施 - DBSC
6月に「IoTセキュリティシンポジウム2022」を開催 - CCDS
「CODE BLUE 2022」、10月にハイブリッド開催 - 今年で10回目
セキュリティ専門家2名や「セキュリティのアレ」に総務大臣奨励賞
「情報セキュリティ文化賞」受賞者6名を発表 - 情報セ大
2021年度の「JNSA賞」が決定 - 報道記者に特別賞も