Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

信用情報機関へ誤情報を登録、システム不具合で - ヤマトクレジット

ヤマトクレジットファイナンスは、システムの不具合により、指定信用情報機関に一部顧客の支払情報が誤った内容で登録されたことを明らかにした。クレジットやローンの契約に影響が生じた可能性があるという。

同社によれば、顧客情報を指定信用情報機関のシステムに登録する際、一部顧客の1月から3月の支払いに関する情報が誤った内容で登録されたもの。システムの不具合が原因としている。

誤った情報が登録されていた機関は顧客ごとに異なるが、最長で2月10日から5月28日までの約3カ月半に及ぶという。同期間中、対象の顧客があらたなクレジット契約やローン契約の申し込みをした場合、影響が生じた可能性がある。

同社では誤った登録情報の訂正を行うとともに、対象となる顧客には通知の書面を送付したとしている。

(Security NEXT - 2017/07/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

約29万人に振込不能メールを誤送信、アクセスが集中 - 北國銀
イベント当選者のメアド流出、一斉送信機能に不具合 - アニメイトカフェ
楽モバの通信障害、ソフトに不具合 - 緊急対応判断に時間要し長期化
全日本スキー連盟の会員管理システムに不具合 - 検索機能に不備
LINEのURLプレビュー機能に不具合 - 限定公開URLが漏洩したおそれも
匿名加工用の医療データDBに本人通知なく取得したデータ - プログラムミスで
NTTドコモ、「+メッセージ」で一時障害 - 現在は復旧
「スタディサプリ」に不具合 - 他利用者としてアクセス可能に
印字プログラム不具合で書類に別会員の口座情報 - 歯科コンサル会社
会員サービスで個人情報を誤表示、原因はアップデートによるエラー - H&M