Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

多くの企業が不正侵入対策へ注力するも3割弱が被害を経験

企業におけるIT意思決定者の多くが外部からの侵入防止対策に注力する一方、過去1年以内に3割弱が自社の侵入防止対策を破られた経験を持つとの調査結果をジェムアルトが取りまとめた。

同社が、世界の企業におけるIT部門意思決定者1050人を対象に、企業のデータセキュリティに関する調査を実施したもの。日本企業からは100人が回答したという。

同調査によれば、内部ネットワークを保護するために外部からの侵入防止対策が効果的と考えている回答者は94%。76%が侵入防止対策への投資額を増やしている。

一方、65%が侵入を許した際のデータ保護に不安を感じており、実際に28%は、過去1年以内に自社の侵入防止対策が破られたという。また回答者の55%は、機密データの保存場所を把握しておらず、35%は顧客情報を暗号化していないと回答した。

(Security NEXT - 2017/07/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ランサム被害拡大で重要インフラ事業者に注意喚起 - NISC
政府、脱「暗号化zipファイル」検討へ - 意見募集で最多支持
2019年の情報ガバナンスコンプライアンス市場は440億円 - 伸び悩む「DLP」
大量スパム配信から「Emotet」に攻撃トレンドがシフト - OS非標準のzip暗号化で検知回避か
2020年2Q、67%のマルウェア亜種が定義ファイルを回避
約4割でインシデント被害、対応費用は約1.5億円 - 4.4%が「Emotet」経験
CODE BLUE、全講演者が決定 - 特別講演にAudrey Tang氏
2019年下半期は1953万件の違反投稿に対応 - LINE
2019年のフィッシング報告は約5.6万件 - 前年の2.8倍に
Wi-Fi利用者や提供者向けセキュガイドラインに改訂版 - 総務省