Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

無料人気アプリ、利用者情報取得も半数超がプラポリ記載や同意なし

さらにAndroidアプリに関してはコードの静的解析により、100件中54件がプライバシー性が高い「電話番号」「電話帳」「位置情報」「メールアドレス」のいずれかを取得する可能性があることが判明。

これらにおいて、プライバシーポリシーへの記載やポップアップなどにより利用者情報の取得について同意を得るアプリはあわせて24件にとどまり、30件は明示や同意の取得など行っていなかった。

一方、iOSアプリを見ると、プライバシーポリシー掲載率は81%で、前回調査時の68%から13ポイント増加。アプリ向けにプライバシーポリシーを用意していたアプリは17%で、前回調査時の12%を上回った。

「取得される情報の項目」をプライバシーポリシーに記載している割合は80.2%で、前回調査の58.8%を大きく上回る。また「利用目的の特定、明示」も95.1%と前回調査の79.4%から増加。「利用者情報の送信先の記載」も45.7%で、前回調査から倍増している。「情報収集モジュールに関する記載」は22.2%だった。

(Security NEXT - 2017/07/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2022年3Qの脆弱性届け出、ソフトとサイトのいずれも増加
IPA、教則本「情報セキュリティ読本」を4年ぶりに改訂
Androidアプリのセキュアコーディングガイドに新版 - JSSEC
パーソナルデータ流通の標準化に注力 - SIOTP協議会
小売業における端末の盗難対策、3割強 - コストや人材が不足
保護者の約1割が子どものネット履歴を確認 - 国内外でギャップも
ランサム攻撃に2割が支払い、4割は復旧できず
2022年1Qの脆弱性届け出は176件 - ソフトとウェブともに増加
Z世代の7割、スマホアプリでの個人情報登録に抵抗感
中小企業の3分の1、直近3年間のセキュ投資ゼロ - 「必要性を感じない」