Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

文科省、公立学校のセキュリティポリシーガイドライン案を策定 - 意見募集を実施

文部科学省は、「教育情報セキュリティポリシーに関するガイドライン」のパブリックコメント案を公開した。8月2日まで意見を募集している。

同ガイドラインは、自治体において公立校の情報セキュリティポリシーを策定したり、見直しを行う際の考え方や内容について定めたもの。同省では2016年9月より「教育情報セキュリティ対策推進チーム」を設置し、ガイドライン策定に向けて検討を進めてきた。

教育情報セキュリティポリシーの策定者や、セキュリティ対策の責任者などを利用者としており、物理的セキュリティ、人的セキュリティ、技術的セキュリティ、運用、外部サービスの利用、評価と見直しなどについて基準を示した。記載の例文は公立小学校および中学校の設立者である市を想定している。

意見は、電子政府の総合窓口「e-Gov」や、メール、郵送、ファックスで受け付ける。締め切りは8月2日必着。

(Security NEXT - 2017/07/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

国内主要企業の約8割、「DMARC」未導入 - 「Reject」ポリシーの活用わずか
政府、自治体のセキュ対策見直し - 効率化やテレワークなど視野に
緊急事態宣言解除後のセキュリティチェックリスト - JNSA
IPAとNTT東、テレワークシステムを緊急開発 - 10月末まで無料開放
4社に1社、パッチ適用頻度は数カ月に1度
金融機関の4割、攻撃を経験 - 1割で業務などに影響
2割弱の中小企業が被害経験 - 「攻撃対象となる可能性高い」6.2%
長期休暇に向けてセキュリティ対策の再確認を
個情委、「内定辞退率予測サービス」で行政処分 - 利用企業にも指導
国内暗号鍵管理市場は3.3%成長 - DLPは横ばい