Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

中小企業の8割、年間セキュリティ予算は50万円以下 - 7%でランサム被害

中小企業の18%が標的型攻撃メールを受信したことがあり、7%がランサムウェアに感染してファイルが暗号化された経験があることがわかった。一方でセキュリティにかける予算は限られているという。

大阪商工会議所が実施したサイバー攻撃対策に関するアンケート調査で明らかになったもの。3月から6月にかけて、関西地方で商工会議所の会員である中小企業や団体などを対象に実施し、315社が回答した。

同調査によると、18%が標的型攻撃メールを受信したことがあると回答。また、7%にあたる22社が、ランサムウェアに感染してファイルが暗号化されたことがあると回答した。1部署のデータすべてが暗号化されたケースもあったという。

実施しているセキュリティ対策について尋ねたところ、マルウェア対策ソフトの導入はもっとも多かったものの78%で、約2割が未導入だった。

(Security NEXT - 2017/07/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

国境超えた仲間とセキュリティを学ぶ「GCC 2023シンガポール」 - 参加者募集がスタート
空調システムに特化したセキュリティ対策GLを公開 - 経産省
重要インフラのランサム被害、4分の1は医療関連分野 - 米政府が注意喚起
IPA、教則本「情報セキュリティ読本」を4年ぶりに改訂
「サイバーセキュリティ」認知度5割届かず - 3割弱が対策未実施
国内組織の3割強が過去3年間にランサム被害 - 暴露予告や関係者への通知で圧力
警察へのランサム被害報告、1年で倍増 - 目立つ「VPN機器」経由の侵入
「CODE BLUE 2022」の全24セッションが決定
2021年に観測が多かったマルウェア、大半が5年以上活動 - ランサム感染にも関与
インフラ関係者9割超、サイバー攻撃による産業制御システムの中断を経験