Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

PwCあらたなど、医療介護事業者向けセキュリティサービスで協業

PwCあらた、メディカルITセキュリティフォーラム、三井物産セキュアディレクションの3者は、医療、介護事業者を対象としたセキュリティソリューションの展開で協業した。

3者は今回の協業を通じ、医療業界の動向を踏まえつつ、医療および介護事業者を対象に各社のノウハウを活かしたサービスを展開する。

具体的には、PwCあらたではリスクマネジメントの観点から、またメディカルITセキュリティフォーラムは、医療分野固有のセキュリティ上の脅威を踏まえ、セキュリティ体制や管理プロセスの構築に向けて助言を提供。三井物産セキュアディレクションは、製品や技術などソリューションを提案していく。

(Security NEXT - 2017/07/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

新型コロナ陽性者2515人の関連情報を誤掲載 - 川崎市
朝日インテックでシステム障害 - ランサム感染被害で
鍼灸や医療など複数運営通販サイトで情報流出 - メイプル
2020年3Qの標的型攻撃メールは9件 - 不審メールの情報提供は15倍、大半「Emotet」
介護保険被保険者の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 播磨町
郵便物差出票に個人情報含む用紙を再利用 - 大阪市
厚労省の人工呼吸器利用者向け優先配布事業で配送伝票に個人情報を誤記載
障害者支援施設サイトに入所者の個人情報を誤掲載 - 神奈川県
新型コロナ感染症発生届のファックスを誤送信 - 名古屋市
違法行為など行った教員情報を誤送信 - 新潟県