Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

PwCあらたなど、医療介護事業者向けセキュリティサービスで協業

PwCあらた、メディカルITセキュリティフォーラム、三井物産セキュアディレクションの3者は、医療、介護事業者を対象としたセキュリティソリューションの展開で協業した。

3者は今回の協業を通じ、医療業界の動向を踏まえつつ、医療および介護事業者を対象に各社のノウハウを活かしたサービスを展開する。

具体的には、PwCあらたではリスクマネジメントの観点から、またメディカルITセキュリティフォーラムは、医療分野固有のセキュリティ上の脅威を踏まえ、セキュリティ体制や管理プロセスの構築に向けて助言を提供。三井物産セキュアディレクションは、製品や技術などソリューションを提案していく。

(Security NEXT - 2017/07/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

書類が車両走行中に散乱、一部未回収 - 明治国際医療大
サイトが改ざん被害、情報流出は否定 - 秋田県立医療療育センター
児童相談所が児童の個人情報をメール誤送信 - 栃木県
症例情報登録システムがランサム被害、症例情報一時利用できず - 量研
約42万件の個人情報が委託先から流出、ランサム被害で - 豊田市
医療ユニフォームメーカーの通販サイトに不正アクセス - 個人情報が流出
ランサム被害による個人情報流出を確認 - 岡山県精神科医療センター
委託事業者が受給者証交付者リストを別の医療機関に誤送付 - 大阪市
高校よりレターパックで送付された申請書類が所在不明 - 東京都
ワクチン接種会場の医療従事者情報が流出、外部サービス経由で - 茨城県