Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

認証システム「RSA SecurID Access」に新版 - リスクベース認証を追加

EMCジャパンは、認証プラットフォーム「RSA SecurID Access」にリスクベース認証機能を追加した新版を提供開始した。

同製品は、オンプレミスやクラウドのアプリケーションに対応する認証プラットフォーム。「リスクベース認証機能」を追加した「RSA SecurID Accessプレミアムエディション」を新版として提供する。

「リスクベース認証機能」では、ログイン時に地理情報や利用デバイス、ログイン時刻、接続元のIPアドレス、ログイン先のアプリケーション、アクセスパターンなどからリスクを評価。リスクが高い場合にワンタイムパスワードやFIDOトークン、プッシュ認証、生体認証などによる追加認証を要求する。

契約期間1年のサブスクリプション契約で、1000ユーザーで804万8160円から。「RSA SecurID」のユーザーの場合は269万5680円から。

(Security NEXT - 2017/06/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

既存サービスを「Emotet」対策として提供 - BBSec
イエラエ、Orca製パブクラセキュ管理サービスを開始 - コンテナやサーバレスにも対応
IoT検索エンジン「Karma」にリスクの可視化機能
サプライチェーンのセキュ対策評価サービスを提供 - ラックら
カスタマイズ可能なフィッシングの模擬演習サービス- エフセキュア
組織のポリシー踏まえてテレワークリスクを可視化 - 富士通SSL
eスポーツ主催者向けに保険、サイバー攻撃にも対応 - 東京海上日動
ソニーペイメントと日商エレ、不正決済の検知サービス
企業戦略としてテレワーク、導入時の課題やリスクは?
IDaaSサービスにPWリスト攻撃対策を追加 - Auth0