Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

月例パッチ適用後、「Outlook」で一部添付ファイルの閲覧に不具合

マイクロソフトがリリースした6月の月例セキュリティ更新の適用後、「Outlook」においてリッチテキスト形式の添付ファイルを開けなくなる現象が確認されている。

同社によれば、セキュリティ更新プログラム 「KB3203467」を適用した「同2007」「同2010」において、リッチテキスト形式の添付ファイルが開けない現象が発生しているもの。

同現象は編集中のメールでも発生するが、メールのデータが破損することはないという。またリッチテキスト形式を利用する予定表、タスク、連絡先アイテムなども影響を受ける。

同社では、今回の問題について調査を進めており、暫定的な対処方法として、添付ファイルをデスクトップなどに保存後、開く方法を紹介。また、HTML/テキスト形式を使用することで同現象を回避できるとしている。

(Security NEXT - 2017/06/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

先週注目された記事(2024年7月14日〜2024年7月20日)
あらたな脅威へ対応する設定ファイルが原因に - CrowdStrike障害
Windows端末の障害問題に便乗するサイバー攻撃が発生中
CrowdStrike、Windows環境での不具合で声明 - 復旧方法も紹介
一部Window端末が正常に起動できず - CrowdStrikeが不具合認める
個情委見解受け再精査、個人情報流出の可能性ありと判断 - こころネット
アプリに個人情報が表示、システム不具合で - 愛知県内CATV局
子ども預かり支援サイトで設定ミス、非公開の氏名が閲覧可能に - 横浜市
「イオンカード」装うフィッシング - 利用明細や取引制限など偽装
権限ない学生が教務システムで個人情報を閲覧可能に - はこだて未来大