Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

セキュアブレイン、脅威情報を月1回提供するサービス - オプションも

セキュアブレインは、情報窃取を目的に組織を狙うサイバー攻撃に対し、対策情報などを提供するサービスを開始した。

「サイバースパイ対策情報サービス」は、同社が把握している脅威の特徴や、対策に必要な情報などを提供するサービス。運用するセキュリティ対策製品などのポリシーに活用することができる。

基本サービスの「Basic対策情報サービス」では、脅威情報を年12回提供。過去1カ月の攻撃トレンドにくわえ、コマンド&コントロール(C&C)サーバのIPアドレスやドメイン名、マルウェアのハッシュ値、エクスプロイトのCVE番号、攻撃者の基本情報など脅威情報のほか、攻撃への対策と今後の見解を提供する。

また、「Advanced対策情報サービス」をオプションとして用意。特定の攻撃者を長期にわたって観測し、判明した攻撃者の活動情報やC&Cサーバ情報、攻撃に使われたマルウェアの詳細などを年4回提供する。

(Security NEXT - 2017/06/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「SAP」を狙うサイバー攻撃、事業停止のリスクも - 利用企業は早急に確認を
センサーと脅威情報を活用したリスク可視化プラットフォーム
カスペ、APT攻撃や制御システムの脅威情報サービス - 個別調査も対応
不正通信診断サービスを1月29日まで無償提供 - ALSI
ハイブリッドIT環境向けMSS、SOARを活用 - 富士通
凶暴性増すランサムウェアの裏側 - 今すぐ確認したい「意外な設定」
米政府、医療分野を標的としたランサムウェアに注意喚起 - DNSで通信して検知回避
セキュリティ情報分析基盤「CURE」、自然言語による情報の関連付けにも対応 - NICT
脅威情報の売買プラットフォームで実証実験 - NTTコム
クリック時にクイズで教育するフィッシングトレーニング - 仏Vade