Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IE向けActiveX版のFlash Player 、99%が旧版 - Avast調査

次に多かったのが「Internet Explorer」向けに提供されているActiveXコントロール版の「Adobe Flash Player」。99%が古いバージョンだったという。以降、「Foxlt Reader」「GOM Media Player」「Nitro Pro」が続く。

一方で最新の状態が維持されている割合が高いアプリケーションは「Google Chrome」で、88%が最新の状態だった。次いで「Opera」が84%、「Skype」が76%と多い。

同調査において、アップデートされていないソフトウェアの上位10製品は以下のとおり。

Java Runtime Environment(6および同7)
Adobe Flash Player(ActiveX版)
FoxIt Reader
GOM Media Player
Nitro Pro
WinZip
DivX
Adobe Shockwave
7-ZIP
Firefox

(Security NEXT - 2017/06/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2021年1Qの標的型攻撃メール報告は13件 - 「Emotet」関連報告は収束へ
2021年1Qの「JVN iPedia」登録は1701件 - 「XSS」が170件で最多
2021年1Q、脆弱性届出は252件 - サイト関連が大きく減少
国内設置ルータを踏み台とした攻撃パケットの増加を観測 - JPCERT/CC
巧妙化するランサム攻撃、被害の多くが「VPN機器」脆弱性に起因
小規模サイト、約1割「一切脆弱性対策せず」 - 対策不備で2割が被害経験
2020年の緊急対応支援、3割強が「Emotet」 - ラック
2020年4Qのインシデントは1割減 - マルウェアサイトは倍増
2020年4Qの脆弱性届け出は303件 - ソフト、サイトともに増
2020年4Qの脆弱性登録は1423件 - 前年同期の3分の1