Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Interop Tokyo 2017」が開幕、セキュリティ関連の出展も充実 - 6月9日まで

ネットワークテクノロジーをテーマとした総合イベント「Interop Tokyo 2017」が開幕した。6月7日から9日まで3日間の日程で開催されている。

20170607_in_001.jpg
「ShowNet」で公開されているラックのひとつ。製品名だけでなく、注目ポイントを解説したメモも用意されている

同イベントは、ネットワークの「相互接続性(Interoperability)」を実際に検証することをコンセプトとし、1994年にスタート。

24回目となる今回は、、「THE REAL 〜本当のインターネットとは?〜」をテーマに開催されている。

会場には、各ベンダーによる個別ブースのほか、「Security World」といったテーマ展示、カンファレンス、セミナーなど、セキュリティに関連する出展も多い。

また相互接続性を実際に検証する場であり、イベントの目玉でもある「ShowNet」も見逃せない。2、3年後には業界に浸透する技術を先駆けて実装しつつも、出展ブースや来場者向けにサービスを提供している。

(Security NEXT - 2017/06/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

CODE BLUE 2021の講演者を発表 - 「ProxyLogon」発見者も登壇
学生向けCTF「NetWars 2021」、11月に開催 - NRIセキュア
アジア圏U25対象のCTF大会「ACSC 2021」 - 成績優秀者はアジア代表に
最新Androidのプライバシー機能など解説 - JSSECオンラインセミナー
コロナ禍2度目の夏期休暇 - パッチチューズデーと重なるおそれも
「CODE BLUE 2021」はハイブリッド開催 - CFPも開始
2021年度春期の登録セキスペ試験、2306人が合格 - 合格率21.2%
セキュリティ専門家8人やPSIRTに感謝状 - JPCERT/CC
「JSAC2022」を2022年1月に開催、2日間に拡大 - CFPもスタート
セキュリティがテーマのコミック配信企画、シーズン2が始動