Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

脅威レベルを無償で判定できるサービス - マクニカ

マクニカネットワークスは、ファイルなどの脅威レベルを判定できるセキュリティサービス「Mpression Threat Intelligence Platform」を提供開始した。

20170531_mn_001.jpg
脅威レベルのイメージ(画像:マクニカネットワークス)

同サービスは、「ファイル」や「URL」「FQDN」「IPアドレス」について、専用ポータル上から複数の脅威データベースと照合し、緊急度を判断するための脅威レベルを判定できるサービス。

判定結果を無償で参照することが可能。1カ月に1回、再照合を自動的に1年間継続して実施し、脅威情報が追加されたことで脅威レベルが上がった場合には、アラートを提供する。

また有償の追加調査サービスを用意。疑わしいファイルや詳細がわからないファイルがあった場合、サービスチケットを購入することで、同社による動的解析などを実施。同社営業日であれば、6時間以内を目標に1次回答を提供するとしている。

無償サービスを含め、利用には事前登録が必要。追加調査は年間194万4000円から。最少チケットプランでは、1年間で検体30件まで調査を行うことができる。

(Security NEXT - 2017/05/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

生保が契約法人向けに標的型攻撃メール訓練サービスを展開
巧妙化するランサム攻撃、被害の多くが「VPN機器」脆弱性に起因
米政府、Fortinet製品利用者に注意喚起 - 3月よりAPT攻撃を観測
標的型攻撃メール訓練を刷新、セルフ実施を支援 - ラック
【特別企画】予算や人材不足の中小企業でもあきらめない! - マルウェア被害の縮小化
4社に3社が直近1年にインシデントを経験 - JIPDEC調査
米政府、マルウェア「TrickBot」展開する標的型攻撃で注意喚起
初動から復旧支援までインシデント対応を支援 - テクマトリックス
SOCで「Exchange Server」への攻撃は未観測、PoCも未確認 - ラック
「Exchange Server」へのゼロデイ攻撃、中国支援グループが関与か